大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

輪針で編む靴下、履き口から編む第二弾、ピエロ式

輪針一本で編む靴下を修行中の不器用者。
前回は、履き口からつま先まで編んで、最後に踵を付けるタイプ。
今回は、毛糸ピエロ方式を試す。
これも履き口から編むのだが、履き口から踵、つま先まで一気に、糸を切らずに編んで行く手法。
毛糸ピエロの無料編み図サイトにある靴下は、全部この編み方。
不器用者は、この編み図を参考にする。特に理由はない。

前回同様に始める。
マジックループでの履き口からの始め方については、不器用者のこの記事をご覧下さい。
今回は作り目の数が違うだけ。
指でかける作り目48目して、一目ゴム編み、続いてメリヤス編み。
練習編みに、足首をそう長くする必要も無いので、一目ゴム編みを16段、メリヤス編み4段で終わりにする。
d0280781_0515837.jpg


次はかかと。
毛糸ピエロさん、ありがたくも、かかとの編み方動画を公開して下さっている。
これ


かかと部分は平編み。
かかと1段目から13段目まで、奇数段は表編みで、左右で減目する。
右は表目を一目編んだあと、右上2目一度
左は、最後から3目めと2目めを同時にとって、左上2目一度したあと、表目を一目。
かかと2段目から14段目まで、偶数段は裏編み、増減無し。

ここまでは前回のつま先やかかとと似通っているので、問題なく進む。
だがこのあと、動画4分44秒辺りから、分からない。
「目と目の間に針を入れて糸を引き出します」と説明されているが、どこに針を入れているのかよく分からない。
何度見ても、目を凝らしても、はっきりしない。
もっと画質を良くして、見やすい色の毛糸を使って、針を入れる目の部分をアップにしてくれないかなあ。。。

できる限り真似してやってみたが、数段で全くダメなことに気づく。
で、かかと編みの最初まで糸を全部ほどく。

二度目は、編み図で針を入れるところと印がついている部分にクリップを入れることにする。
すなわち、奇数段、右端の表目と右上2目一度の間と、左端の左上2目一度と表目の間。
d0280781_0531983.jpg


こんな感じになった。
d0280781_054158.jpg


この後、動画の指示に沿って、クリップを入れた目を針で拾いながら編もうとするが、この針のいれ方がよく分からない。
動画だと2本の糸の下に針をくぐらせているようだが、クリップには一本しかかかっていない。
もう一本はどれなのか。。。

加えて、「糸を引き出す」というのが、動画のように簡単に行かない。これまたaddiの針のツルツルが厄介。かぎ針を使って糸を引いてくる始末。。。

不安と戦いながらも、どうにかかかと最終段まで編む。
ありがたくも、編み図通り針には24目あり、そう言われてみれば踵と言えなくもないようなものが出来上がる。
d0280781_0572080.jpg


このあと、毛糸ピエロさんの動画8分30秒から始まる指示に従い、輪編みに戻る。
その際、輪編み1段目、両端で針と針の間で一目拾って増目。
輪編み2段目、両端で減目。
続いて、2段メリヤス編みをしたところ。
d0280781_0581067.jpg


このあと、グルグルとメリヤス編みをつま先まで続ける。
つま先は、前回のつま先と同じ。
不器用者の記事「つま先を編む」と「つま先をとじる」をご覧下さい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-03-30 00:59 | 靴下・スリッパ