「ほっ」と。キャンペーン

大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

Wrap無しのショートロウ編みかかとに挑戦

ショートロウで編む踵の練習、その二。
Wrap and Turn 方式 のショートロウかかと編みで、wrap した糸を拾うのに苦心した不器用者。
次はWrap 無しのショートロウという方式に挑戦。
参考にするのは、Creativeu5さんのこの動画


何しろ冒頭のタイトルに、隙間の無いショートロウ踵、とある。
毎回出来てしまう穴に困っている不器用者、おおっ、と飛びついた次第。
加えて、拾う糸に安全ピンを入れて記しをつける手法なので、wrapの糸を識別する苦労から解放されるだろう、と目論んだ。

動画を一通り見て、ふむふむ、前半は安全ピンを入れて行って、後半は安全ピンにかかった糸を拾って左の針にかけるのね、難しくなさそうね、と考える。

だがしかし、現実は甘くない。
ほどいて編み直すこと、計4回。

一度目は、クリップを使っていたのだが、気がつくと、入れたクリップが外れていた。糸が細いから、クリップでは糸が簡単に逃げてしまうのである。
そこで安全ピンを使うことに。

次、拾うべき安全ピンを拾わなかったようで(間違った安全ピンを拾ってしまったようで)、ふと気づくと、変なところに安全ピンが残っていた。。。
ほどいてやり直し。

3度目、どういう訳か、表編みの段で裏編みをしてしまったことに、何段も後で気がつく。。。

4度目、安全ピンにかかっている糸を拾う際、その目を落としてしまう。もう安全ピンを外したあとだったので、どれが安全ピンにかかっていた糸か識別できず、やり直し。

5度目にどうにかできた。
d0280781_15211879.jpg


しかも、大きな目立つ穴無し!我慢して何度も編み直した甲斐があった。
d0280781_15215230.jpg



今回、練習なので、一段36目、踵を編む針の上には18目、でやってみた。

前半は各段左右に安全ピンを入れて行く。
踵1段目、表編みをして行って、最後の一目を残したまま、編み地を返す。
踵2段目、左の針にある最初の目はすべり目、続いて糸に安全ピンをかけ、そのまま裏編み。最後の一目を残したまま編み地を返す。
表編み2段目と裏編み2段目(踵3段目と4段目)は、最後二目を残したまま、編み地を返す。左の針にある最初の目はすべり目、続いて糸に安全ピンをかけ、そのまま
裏編み、あるいは表編み。
表編み3段目と裏編み3段目(踵5段目と6段目)は、最後三目を残したまま、編み地を返す。左の針にある最初の目はすべり目、続いて糸に安全ピンをかけ、そのまま表編み、あるいは裏編み。

今回の練習では、これを左右に安全ピンが6個づつ下がるまでやる。

後半は安全ピンの糸を拾って左の針にかけ、二目一度をしていく。
後半1段目、最後6目残っているところまで表編み。そこで安全ピンにかかった糸を引っ張り、左の針にかけ、安全ピンを外す。今針にかけた目(安全ピンにかかっていた糸)とその次の目を一緒に表目で編む。編み地を返す。
後半2段目、最後6目残っているところまで裏編み。そこで左の針に乗っている最初の目を右の針にすべらせる。続いて安全ピンにかかった糸を引っ張り、左の針にかけ、安全ピンをはずす。
右の針にすべらせた目を左の針にすべり戻し、安全ピンにかかっていた糸と一緒に裏目で編む。編み地を返す。
後半3段目、最後5目残っているところまで表編み。そこで安全ピンにかかった糸を引っ張り、左の針にかけ、安全ピンを外す。今針にかけた目(安全ピンにかかっていた糸)とその次の目を一緒に表目で編む。編み地を返す。
後半4段目、最後5目残っているところまで裏編み。そこで左の針に乗っている最初の目を右の針にすべらせる。続いて安全ピンにかかった糸を引っ張り、左の針にかけ、安全ピンをはずす。
右の針にすべらせた目を左の針にすべり戻し、安全ピンにかかっていた糸と一緒に裏目で編む。編み地を返す。

これを左右に安全ピンが一つづつ残るまで続ける。
このあとは、表編みで輪に編む。安全ピンのところは、残り二つとも、これまでの表目の2目一度の要領でやる。


ところで、クリップは外れてしまうのでダメだけど、実は安全ピンもオススメできない。
お尻部分のワイヤーが丸くなっているところに糸が入ってしまうと、外すのがものすごく難しい。
何か他にいいものないかなあ。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-04-05 15:23 | 靴下・スリッパ