大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

カテゴリ:靴下・スリッパ( 56 )

先日のバンコク手芸部で完成したと思った編み底付きラフィアスリッパ。
実は底を方向を間違えて付けていたことを発見したのであるが、結局また底をもう一枚編み、最初に編んだスリッパ本体に付けた。
最初に編んだスリッパ本体をこれまで使用しなかったのは、二番目に編んで底を付けた片方より、大分大きいサイズだったので。
しかし、三枚目に編んで底を付けた片方(先日の手芸部で完成した片方)が、結局最初に編んだ本体とサイズが近いので、それと対になるように底をもう一枚編んで付けることにする。

今回は底の方向に超注意して編んだ。
明らかに底の形が左右揃っていないが、少なくとも正しい方向で編み付けることに成功。
d0280781_2164570.jpg

糸はドイツのメーカー Wolle Roedel のコットン100%糸Mille Fili の色番5943。

履いてみる。
d0280781_2145220.jpg

ラフィア糸は、毛糸Zakkaストアーズのラフィアで色番74モス。

ちょっと左側のつま先が風船みたいに丸くふくらみすぎで、歩くと中で足が動いてフカフカする。
右側はいい感じ。
d0280781_2154762.jpg


それにしても、編み始めてから4か月強。
やはりダラダラ時間をかけて編むと、途中色々と失敗する。
編み物は一気に編むべし。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-06-28 02:23 | 靴下・スリッパ
大分前に始めた編み底付きラフィアスリッパ前回のバンコク手芸部のお陰で編み底が片方仕上がる。
d0280781_1715333.jpg

何のことはない、細編みを往復編みで足の形に編み、その後に縁を引き抜き編みで一周、細編みで一周しただけ。
足型の周囲が、お盆の縁のように立ち上がる。
d0280781_17265083.jpg


底に使っている糸は履き口に使ったのと同じドイツのメーカーWolle Roedelの定番コットン100%Mille Filiで、色番5943。これを二本どりにして3.5ミリのかぎ針で編んだ。

できた底とラフィアで編んだ本体を張り合わせ。。。
d0280781_1723519.jpg

底の縁周りにつけた細編みの頭の鎖の下に、スリッパの外側から針を入れ、スリッパの内側にある糸をすくいながら、引き抜き編みをして、はいで行く。糸は一本どり、針は3ミリのかぎ針使用。
d0280781_17282265.jpg


完成。
d0280781_17323156.jpg


履いてみた図。
d0280781_17332565.jpg


さて、片方できたのは良いが、底を付ける際に気がついたのは、でき上がった底が本体の一方には小さすぎ。つまり、本体の左右のサイズがかなり異なるということ。
という訳で、本体のもう片方、編み直すことに。

まだまだ続く、編み底付きラフィアスリッパ。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-05-15 17:39 | 靴下・スリッパ
先日、本体が片方だけできたSophie and Meラフィアのスリッパ
d0280781_1516201.jpg

もう片方を編みながら、編み方のさわりを紹介してみようと思う。

以前編んだ不器用者のスリッパ(編み方はここを参照)と基本的には同じ工程で、つま先からぐるぐると円に編み、途中から往復編みで履き口部分からかかと、最後に履き口の周りを縁編み。
大きく違う点は、次の三つ。
*不器用者版はつま先を円から始めるが、ラフィアのスリッパは楕円から始める。
*不器用者版はつま先からかかとまで一気に編むが、ラフィアのスリッパはつま先部分が終わって往復編みに入る前に一度糸を切る。
*かかとの編み方はラフィアのスリッパの方が簡単。

不器用者が使用しているのは毛糸Zakkaストアーズから購入したRaffia の色番74で、これを3.5ミリサイズのかぎ針で編んでいる。

ラフィアのスリッパ、つま先は楕円から始める。よくバッグの底などに使われる編み方で、鎖編みの作り目の両側に細編みを入れる手法。
師匠*mati*さんも、よくこの手法で靴下のつま先を編んでいらっしゃる。最近では例えばこのレース編み風靴下

作り目は、奇数目鎖編みをする。今回は7目。

一段め。立ち上がりの鎖を一目編み、細編みを6目。細編み6目めを入れた鎖にさらに細編みを3目入れ、編み地を返して、今編んできた方向を戻る形で、作り目の鎖それぞれにまた細編みを一目づつ、全部で7目入れる。最後の鎖目には細編みをさらに3目入れ、続けて立ち上がりの鎖に引き抜く。これで一段め終わり。一段めには、立ち上がりの鎖を含め、20目出来ているはず。

二段目は、左右両端で二目づつ、計四目、増し目をしていく。まず、立ち上がりの鎖を一目。細編みを6目。前段次の細編み目に細編みを二目入れ、次の目には細編み一目、その次の目には細編みを二目入れる。続けて、前段のそれぞれの目に細編みを一目づつ、つまり7目入れる。次の目には細編みを二目、その次の目には細編み一目、前段最後の目には細編み二目。二段目は、立ち上がりの鎖目を含めて、24目できているはず。

三段目は増し目無しで、前段一目づつに細編みを一目入れる。
四段目はまた左右両端で二目づつ、計四目増し目。立ち上がりの鎖目を含めて、28目できる。
五段目は増し目無しで、前段一目づつに細編みを一目入れる。

という風に、偶数段で左右両端で二目づつ増し目、奇数段では増し目無し、と交互に繰り返し、9段目まで編む。10段目は偶数段だが、増し目無し。サイズを若干大きくしかたったらまた両端で増し目しても良い。

ここまでの編み図。久しぶりに編み図描いてみた。
d0280781_15184320.jpg

編み図の上の側が底になり、下の側が甲になる。
底側の中心の目、甲側の中心の目、そして左右の水平線状の目にクリップを入れておくと、現在の目の位置が確認しやすく、間違えにくい。編み図では赤い色のついている目がこの四等分の地点。
クリップとクリップの間はそれぞれ8目。
増し目をする場合は、この左右両端の赤い目の前後で増し目をする訳である。
こんな風になる。
d0280781_1527167.jpg


次に長編みと鎖編みの模様編みを始める。
模様編み一段目は、細編みと鎖編みで模様の土台を作る。
底側は細編みで、甲側は細編みと鎖編みを交互にする。
立ち上がりの鎖のあと、細編みを10目。続いて宙に鎖を一目。前段の細編み目を一目おいて、次の目に筋編みの細編み一目。また鎖一目、前段の目を一目おいて、次の目に筋編みの細編み一目。鎖一目、筋編みの細編み一目を計10回繰り返し、続いて鎖一目、そのあとは前段一目おいて、普通の細編み一目、続けて細編み三目。立ち上がりの鎖に引き抜く。

模様編み二段目から長編み。立ち上がりの鎖三目、続いて長編みを9目。宙に鎖一目。前段の鎖目を束で拾い、長編み一目。宙に鎖目一目、前段の鎖に長編み一目、を11回繰り返し、続いて長編み4目を前段の細編み目に入れる。立ち上がりの鎖三目めに引き抜く。

模様編み三段目。立ち上がりの鎖三目。長編み10目。鎖編みと長編みの繰り返しを11回。長編み3目。引き抜き編み。

二段目と三段目を繰り返し、7段目まで編む。

長編み目が続く部分が底側。
d0280781_1642816.jpg

長編みと鎖の格子模様部分が甲側。
d0280781_1655634.jpg


模様編み部分の編み図。
d0280781_16101476.jpg


最後の引き抜き編みのあと、糸を切る。
次から往復編みなのであるが、甲の中心のすぐ左にある鎖目、上の編み図で言えば、7段目左の方にある赤い鎖目の次(左)にある黒い鎖に糸をかけて編み始める。

ここから先は、簡単でかわいいかかとも含めて、Etsy のお店Sophie and MeでUS$5.73で販売されている編み方レシピをご覧下さい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-13 16:22 | 靴下・スリッパ
ローマにお住まいのIngunn Santini さんのお店Sophie and Me で発見した、編み底付きラフィアのスリッパであるが、スリッパ片方の本体部分が編み上がる。
d0280781_4201088.jpg

d0280781_421042.jpg

本体は毛糸Zakkaストアーズで買ったラフィアの色番86を3.5ミリのかぎ針で編んでいる。
履き口の縁周りは、ドイツのメーカー Wolle Roedel の定番コットン100%糸Mille Fili の色番5943を二本どりにして、これもまた3.5ミリのかぎ針で編んだ。
d0280781_4221385.jpg

前回の記事でラフィアの色番86は紹介したので、今回はMille Fili色番5943を紹介。
d0280781_1133798.jpg

着画。Sophie and Me で買ったパタンではS、L、Mサイズがあって、これはMサイズ。丈は調節できるが、不器用者は甲が高めなので、スリッパにしては履き口が若干ぴったりしすぎ感があるかも。
d0280781_428918.jpg

続いてもう片方の本体を編み、それから編み底にトライする予定。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-07 04:30 | 靴下・スリッパ
Ingunn Santini さんのお店Sophie and Me 編み底付きの室内履きパタンを発見した不器用者であるが、どうもSplit Single Crochet (SSC)という編み目と相性が合わない。
ふとSophie and MeのEtsyのお店を見ると、編み底がついている履き物系が色々とあることに気付く。
その中でも目を惹かれたのがラフィアのスリッパ
ラフィアで帽子やバッグは編んだが、スリッパを編むことは考えたことがなかった。
しかし、暑い国ではラフィアのスリッパ、なんとも心地良さそうではないか。
デザイナーのIngunn Santini さん、さすがヨーロッパでは暑い国イタリアのお方です。

写真に出ている作品はどれもかわいいし、つま先の部分は普通の細編みのようだし、久しぶりに夏糸を消化できるし、このラフィアのスリッパを編んで、編み底を付けてみよう、と思う。
で、パタン購入。
編み底は先日買ったので、スリッパ本体のパタンだけ。5.72ドル。
ダウンロードして、普通の細編みであることを確認。

ラフィアはどれにしようかな、以前セールの際に毛糸Zakkaストアーズで買ったその名もラフィアが何色かあるのであるが、その中から今回はこれ、色番86にする。
d0280781_3455483.jpg


細編みのつま先部分を編んで、長編みと鎖編みの格子模様に入ったところ。使用針はサイズ3.5ミリ。
d0280781_3475755.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-02-19 03:52 | 靴下・スリッパ
一昨年のクリスマス前にかぎ針編みスリッパの底の件で大変苦労をした不器用者であるが、編んだ本体に編んだ底をつけるかぎ針編み室内履きの編み方レシピをEtsy 上で発見。
残念ながら有料。
本体はここ。5.77米ドル。
底はここ。5.77米ドル。
本体と底共に買うならここ。9.23米ドル。
イタリアはローマにお住まいのIngunn Santini さんという方の作品。Etsy のお店Ravelry のお店から見ると、かぎ針編みの履き物系が特にお得意のよう。

底まで編んでしまうとはすごい、と早速購入し、早速始めてみることに。
二本どりにして7ミリのかぎ針で編むと書いてあるが、7ミリのかぎ針は持っていないので、6ミリ。
糸はドイツのメーカーWolle Roedel の定番シリーズMille Fili コットン100%の色番5940。
d0280781_19212923.jpg


で、編み方を読む。
「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目一め、そのあと細編み6目。
「わ」を引き締める。
立ち上がりの鎖には引き抜かないで、そのまま最初の細編みに針を入れ、二段目に移行。
そして、前段の細編みそれぞれにSplit Single Crochet (SSC)を二目づつする、と書いてある。
Split Single Crochetって何?と調べてみたところ、普通の細編みと違う所に針を入れて細編みをする編み方らしい。
動画は例えばAnnie's Craft Storeこのページをご覧ください。動画の下に大きな図もついているので、わかりやすいかも。

棒針編みの表目みたいな効果の編み目になり、また普通の細編みよりも編み地が厚くなるので、バッグやスリッパ等の小物に合っているらしい。

ふむふむ、そうか、と思って始めてみたのだが、二本どりなのでどの糸とどの糸の間に針を入れたら良いのかよく分からない。
で、さらに二段普通の細編みで編み、目がはっきりしてきた四段目からこのSSCをやってみた。
針を入れるところは見えるようになったが、この細編み、かなり編みにくい。針が太いこともあるだろうが、針を入れる部分がきつく、ぐっと力を入れる必要がある。従って、時間もかかる。
なるほど、編み目がなんだか真っ直ぐに並ぶ感じはするが、こんな苦労をしてまでこのSSCで編む必要があるのだろうか。
どうしよう、と思案中。
d0280781_1922185.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-02-14 19:24 | 靴下・スリッパ
スランプ状態だったタイシルクコットン糸で編む靴下。
フラックスKでラリエットを編んだ達成感に乗って、悩んでいた模様のヴィジョンが開けた。
これ。

以前購入した「手編みのあったかくつした」(ブティック社)から、表紙左下の靴下の模様。
表編みで5段、裏編みで2段、を繰り返すだけ。
d0280781_2191693.jpg

アップ。
d0280781_2203516.jpg

d0280781_2215733.jpg

テクスチャーのある多色糸なので、こういうシンプルでかつ立体感のある模様がいいかも、とトライしたのだが、その目論見通り、糸の太さと色の変化が、表編みと裏編みの凹凸と相まって、不規則で面白い動き出る感じ。

という訳で、今回はこれで行くことにする。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-13 02:25 | 靴下・スリッパ
初のコットン糸で編む靴下
ワクワクコットンで編んだつま先が終わり、メインに使うタイシルク30%入りの手紡ぎ風コットン糸に入る。
このタイシルク入り糸、レース糸と表示にあるので、では何か簡単なレース模様にしてみようか、と考え、風工房氏の棒針模様集を眺める。
まず選んだのはレース模様13番。
これを編み始めたのだが、どうも模様がはっきりと出てこない。
編み方が間違っているのかと思い、糸をほどいてやり直したが、それでも模様がはっきりしない。

そこで次に、同じ本からレース模様17番をトライ。
今度は、模様は出てきたのであるが、でも、こんなの。
d0280781_1912196.jpg

d0280781_19122812.jpg


本の写真だと、こういうの。
d0280781_19125498.jpg


なんか、違うものみたい。。。これは糸のテクスチャーが違うからかなあ。

足裏側はただのメリヤス編みで、手紡ぎ調の糸のはんなりした感じが出ている。
d0280781_19142025.jpg


またほどいて、別のレース模様にするか、それとも全部メリヤス編み?(でもそれもつまらないし。。。)

どうしよう。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-07 19:17 | 靴下・スリッパ
初の模様の入った靴下(ただのガーターリブ編みだけど)を編み終わった不器用者。
次はどんな「初」靴下にしようかな、と色々と考えた末、林ことみ氏がご著書「手編み靴下研究所」で「編みやすさという点で一番のおすすめはコットン」とおっしゃっていたのを思い出し、コットン糸で編んでみることにする。
取り出したるや、以前、バンコクのThe Loom というお店で手に入れたFusilli-30という糸で、タイシルク30%、コットン70%。一玉25グラム、約140から180メートル(これまでになく幅のある表示にちょっとびっくり。。。)。
d0280781_3315341.jpg

二玉を巻いてみた。太さが不規則で、まるで手紡ぎのよう。
d0280781_339324.jpg


つま先やかかとには、在庫にあった毛糸Zakkaストアーズのワクワクコットン、色番13。コットン100%で、一玉40グラム、約101メートル。
d0280781_3403190.jpg


これをaddiの3ミリの輪針で両足同時編みし、つま先まで編んだところ。
d0280781_3422137.jpg


作り目はそれぞれの足24目で始め、左右増し目をしながら、それぞれの足48目(各足各針に24目)になるまで編んだ。
両足同時編みの際の作り目の仕方は、不器用者のこの記事をご覧下さい。
つま先の編み方は、この記事をご覧下さい。

いやあ、ワクワクコットン、棒針でも大変編みやすい!
おかげでここまで難なくできた。
次の段から糸をタイシルク入り糸にするのであるが、手にとってみると、糸の細いところがかなり細いので、針を2.5ミリサイズに替えようと思っているところ。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-05 03:45 | 靴下・スリッパ
日曜日に編み終わったガーターリブ編みの大サイズ靴下、ブロッキング後の図。
d0280781_1121647.jpg

やはりブロッキングすると全然違う。。。
突然上手に見える、感じ、かな。。。

つま先。
d0280781_1144549.jpg

かかと。
d0280781_1193070.jpg

はき口。
d0280781_1205888.jpg

足のサイズ28センチの末の弟に、年に一度あるかないかの東京の雪かきの際にでも、着用してもらおうと思って編んだものなので、自己着画はありません。あしからず。
何しろ末っ子だから、心底いい奴で、何を編んでも「あれ、なかなかいいよ」と言ってくれるものだから、いつも不器用な試作品の行き先に選ばれてしまうのです。。。
持つべきものは、末の弟。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-01 01:24 | 靴下・スリッパ