大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

<   2014年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ミニかご・小物入れ研究の続き。
なんの気なしに、グーグルで"crochet basket"と検索してみたら、うわあ、見て見て、こんなに素敵な写真の数々が出て来た。
その色、模様、テクスチャー、形の多様さを見て、かぎ編み籠のデザインの無限の可能性に驚嘆。
いやあ、単なるかごでも、こんなにクリエイティヴにできるんだあ、勉強になるなあ。

これら沢山の写真をさらにクリックしていくと、編み方の説明が無料でついているものがいくつもある。そこで、その無料パタンの中で気に入ったものをリストしてみることに。
沢山あるので二回に分けてリストする。
今日は、素材を楽しむデザイン、色を楽しむデザイン、そして形を楽しむデザインの三タイプの編みかごパタン。
かごと言えば、基本的には丸底を編んで、続けて細編みで側面をぐるぐる、というパタンであるが、その単純なパタンも、素材、色、形の変化で様々なデザインを楽しめる。

英語の編みパタンの読解方法については、何年も前に書いたものだが、不器用者のパリ時代ブログのここを御覧下さい。
http://iknit.exblog.jp/i15/


素材を楽しむ

単純なパタンの編みかごも、異素材を組み合わせるだけで、変化のある面白い仕上がりになる。

例えば南アフリカ共和国はケープタウンにお住まいのDanielle さんのサイトThings Dee Lovesで見つけたミニかごは、主にクラフト用紐で編み、ウールでアクセントラインをつけている。
この籠の写真と編みパタンはここ
http://www.thingsdeeloves.com/2013/08/26/loving-crochet-baskets/

こちらは、Oh the Cuteness!というブログをやっていらっしゃる米国はカリフォルニア州にお住まいのChase さんの作品で、主にコットンで編んで、側面の中程にヘンプでアクセントを入れている。
http://diyods.blogspot.com/2008/10/kitty-stuff.html

おおっ、と目を開かされた作品はこれ。マレーシアにお住まいと思われるJoanneさんが運営する無料パタンサイトCraft Passion にある作品であるが、なんと、マニラ麻のロープにコットン糸を細編みでからめながら籠をつくっている。写真説明もついているので、分かりやすいのがありがたい。
http://www.craftpassion.com/2012/07/crochet-hemp-basket.html/2

異素材使いでは無いが、素材がとても気になるのは、米国はニューヨーク市ブルックリンのGraceさんのホームデザイン専門ブログDesign*Sponge にパタンが掲載されているこの編み籠
http://www.designsponge.com/2009/07/mini-crochet-baskets.html
何か細くて薄い紙のような紐を細編みにしているが、薄いのにしっかりした編み上がり。これ、何の素材かなあ。ブログ記事によると、紐を買ったお店は八布(Habu)という京都とニューヨークにあるお店のようだが、もしかしたらshosenshi linen paper というリネン100%の糸かなあ。。。


色を楽しむ

シンプルな編みかごも、色の組み合わせによって、はっと目を惹く素敵なものになる。部屋のアクセント付けによさそう。

例えば様々なサイズの籠をそれぞれ虹色7色からの色違いで編んだこの作品は、Seriously Daisiesというブログを書いている米国ネバダ州のKimberlyさんのもの。単に細編みでぐるぐる編んだだけのものだが、ヴィヴィッドカラーが幾重にも重なって目を惹く。
http://www.seriouslydaisies.com/2012/08/crochet-pattern-rainbow-nesting-bowls.html

次もヴィヴィッドカラーの重なりで、三つの籠にそれぞれ三色使っている、持ち手のついたミニかご。それぞれの籠で色の量の配分の仕方を若干変えているので、三つ一緒に見た時に変化が出、同時に入れ口と持ち手部分は三つとも同じ色にしているので、シリーズとしての統一感も出る。センスの良い色使い。Etsyでお店も出していらっしゃる米国はフロリダ州にお住まいのAja Reeserさんの作品で、彼女のブログ(craft)LOVEに写真と無料パタンが掲載されている。
http://ajareeser.blogspot.com/2012/01/crochet-baskets-free-pattern.html

色の変化は、異なる色の糸を複数とって一緒に編むことでも楽しめる。

例えば英国はイースト・ミッドランズ地方から、ブログBunny MummyのJacquieさん、シンプルな細編みのかごを、異なる色の糸を二本どりにして編んでいるが、各段その二本どりの糸の色の組み合わせを変えている。その結果、絵の具が重なったような複雑な色の変化の作品の出来上がり。
この籠の写真と編み方はここから。
http://bunnymummy-jacquie.blogspot.com/2011/09/crochet-bowl-tutorial.html

無料編みパタンと言えば、ノルウェーの毛糸ブランドDrops Designが運営している無料 パタンサイト。巨大だが、とても使い易い無料パタンデータベースがあり、しかも多言語仕様(欧州言語だけだが)。無料動画レッスンも沢山あり、無声動画なので、言語関係無しで分かるようになっている。
ここで見つけたこの編み籠は、色の異なる糸を三本どりしているが、縁だけ一色にしているデザイン。縁の一色のラインがアクセントになって、引き締まる感じ。
http://www.garnstudio.com/lang/us/pattern.php?id=5958&lang=us


形を楽しむ

単なる細編みぐるぐるの籠も、ちょっとした工夫で形に立体的変化が出る。

ブログChickpea Sewing Studio のJuliette さんの細編みの籠は、入れ口を外側に折って、折った縁を側面に編みつけてある。仕上がりの形にちょっと壷っぽさが出る感じ。
作品のページはここ
http://chickpeastudio.typepad.com/chickpea_sewing_studio/2008/02/the-little-croc.html
丁寧で読み易いPDFのパタンはここ
http://chickpeastudio.typepad.com/chickpea_sewing_studio/files/crochet_basket_pattern4.pdf

またまたノルウェーのDrops Design のサイトで見つけた細編み籠だが、これはさらに壷っぽい仕上がり。入れ口に向かって減目をし、縁はバック細編みをしている。
http://www.garnstudio.com/lang/us/pattern.php?id=6474&lang=us

上記二種類のテクニックを使っているのが、Planet Yarnさんの籠。減目をして、その上で入れ口を外側に折って、側面に縫い付けている。色遊びもあるし、形はほっこりすっきりかわいいし、今回不器用者一番のお気に入りデザイン。
この籠の写真と編み図はここ
http://yarnplanet.tumblr.com/post/64210165629/hi-guys-i-was-inspired-to-make-this-by-all-about

次回は、細編みぐるぐるではなく、編み目の変化と模様を楽しんでいるかぎ編み籠の無料パタンの数々を紹介する予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

[PR]
by bkyo | 2014-09-28 17:35 | 雑貨
先日の編み会以来、クリスマスの準備について考えている不器用者。
昨日紹介した日本の編み物本のかわいい小物入れを見て思いついたのは、丸や四角のミニかごを沢山編んで、事務所の同僚たちへのクリスマスプレゼントに配ろうかな、というアイデア。
机に散らかりがちなクリップとか入れられるし、いいかも。

という訳で、ミニかご・小物入れの無料編み図を検索してみた。
以下、気に入ったものをリスト。

まず、無料編み図の女王*mati*さんの作品。いつもお世話になります。
*mati*さんのHP:ATELIER *mati*
*mati*さんのブログ:かぎ針編み・無料編み図 ATELIER *mati*

一番気に入っているのは、玉編みのミニかご
http://atelier-mati.com/?p=1586
かわいいですねえ。
しかも、玉編み模様を底にして、細編みを口にもってくるという斬新なデザイン。
編み図はここ

リネンでざっくり編んだミニかご
http://atelier-mati.com/?p=1564
編み図はここ

さらに、スタークロシェの円形かご
http://atelier-mati.com/?p=1609
細編みの裏がついているという懲りよう。さすが師匠*mati*さん。
編み図はここ

次はアトリエで見つけたkosumosummさんの作品で、ミニかご
http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/35037.html
ほっこりした形がいい感じ。しかも、不器用者が大好きな長編み。細編みより早く仕上がりそう。
編み図はここ
kosumosummさんのブログ「編み物大好き」では、色使いがとても素敵な作品数々の写真も見られ、目の保養になる。

無料編み図と言えば、おなじみ毛糸ピエロ。ここでもシンプルかわいいミニかご各種発見。

まず気に入ったのは、この二種類のデザインがあるミニバスケット
http://item.rakuten.co.jp/gosyo/26-515-kago/
一つは一段だけ色違い、もう一つは一段だけ模様編み。
二つとも、この一段の違いが気のきいたデザインになっている。
編み図はここ

これはグラスカバーだが、小物入れにもなりそうな気配。
http://item.rakuten.co.jp/gosyo/27-22-23/
縁編みがかわいい。
編み図はここ

これも小物入れになりそうなグラスカバー。多色ラインの色の組み合わせがシック。
http://item.rakuten.co.jp/gosyo/amicomo4-12/
編み図はここ

四角い小物入れ。四角も悪く無いなあ。。。
http://item.rakuten.co.jp/gosyo/210-47/
淡い水色が暑い国にピッタリ。
編み図はここ

最後に麻紐のコクヨから!持ち手つきのミニかご
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/asahimo/minibasket/
文章、編み図、そしてイラストと三手法で丁寧に編み方の説明がされているところがミソ。

こんなに色々あると、それぞれの人に違うデザインのミニかごが編めそう。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-26 02:45 | 雑貨
やたら値段が高いのに、日本の編み物本を買ってしまった。
エカマイのゲートウェイの4階にあるダイソーに行く途中、どういう訳か3階にある東京堂書店に吸い寄せられてしまったのが運のつき。
店に入ってすぐ目に入ったのが、こういう大変魅力的な色合いの表紙の本。
d0280781_2592391.jpg

ブルー系と茶系の組み合わせ、大好き。
バンコクで売られている日本の書籍は、どういう訳か一冊づつビニール袋に入っているのであるが、それをレジに持って、中を見せて下さい、と頼むと、開けて下さる。
で、頼んで中を見ると。。。
おおっ、表紙のような色のきれいなバッグ類以外にも、こんなにかわいい小物入れや、
d0280781_305568.jpg

変わった発想の巾着袋、
d0280781_32426.jpg

そして何よりも、このモビール。
d0280781_325996.jpg

編みモビールかあ、これは素敵な思いつき、と大感心。

で、買っちゃいました。
日本では1259円のところ、こちらでは693バーツ、約2357円、倍近い。。。
でも、写真を見ているだけで楽しい気分になる本。
後悔無し。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-25 03:04 | 編み本

バンコク編み会第4回

報告が遅れましたが、ハンドクラフト祭りで盛り上がったあと、例の如く近くのカフェで編み会。
BTSアソーク駅に隣接しているExchange Tower の2階にあるChu というカフェ。
駅の高架通路から直接入ったところ、左手にある。
d0280781_153898.jpg

ハンドクラフト祭りでの興奮状態が続いていたし、お腹も空いていたので、食べるのに忙しく、店内の写真を撮り忘れたのだが、ソファ席があって、なかなか編み編みに適した環境。
(混んでいたので、残念ながらソファ席空いていなかったけど。)

座ってまず、メニューの自家製パンケーキの写真に圧倒される。。。
d0280781_171886.jpg

食事は普通においしい。これは蟹、くるみとリンゴのサラダ。
d0280781_1135493.jpg

フレッシュレモネードは格別においしかった。
d0280781_191669.jpg


不器用者は前回と同じ籠バッグの側面編みだが、Sayaさん、なんと今回は毛糸を棒針編み。
d0280781_1113431.jpg

プレゼントにする帽子だそう。
そっかあ、クラフト祭りのワークショップもクリスマスカードだったし、もうそろそろクリスマスの準備をはじめないとなあ、と思った不器用者でした。

次回の編みチク会は10月5日(日)の予定。
参加ご希望の方は、不器用者ブログのコメント欄に、メールアドレスを記載してご連絡下さい。コメントは非公開にしますのでご心配なく。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-24 01:22 | 編み編み会

クラフト祭り@バンコク

そうこうしているうちに週末。
バンコク手芸部の土曜朝練で、タイ クラフト フェア(http://www.thaicraft.org/)を訪問する。
催されているのはBTSアソーク駅近くにあるジャスミン・タワー。
建物に入ると、「ボランティア」と書かれたエプロンをつけた中・高生くらいの男の子たちが「L階です」と日本語で案内をして下さった。後で聞いたところによると、近所のインターナショナル・スクールのタイ伝統工芸クラブの部員さんたちだそう。
こんなに礼儀正しい明るい少年たちが伝統工芸をやっているなんて、手芸部の未来は明るい、うるうる。

L階についてエレベーターを出ると、まずUrban Pantry というパン屋さん。
パンの切れ端を差し出され、もちろんひょいと食べちゃうのですが、それがもう、とても、ものすごく、おいしい。うわあ、という感じ。
お店出してるんですかあ?と気楽に聞いたら、なんとこのパン屋さん、配達だけ。しかも、週のはじめ(日・月)にオーダーして、週後半に配達して下さる、という大変な希少価値もの。
ああ、パリのアパートの向かいのパン屋さんの昔風バゲットが懐かしい。買ったらそのまま一気に一本食べてしまう、鬼門のバゲット。。。
それからあの異様にうまい、ただハムが入っているだけのバゲットサンドイッチ。。。

なんて思っていると、このパン屋さんの向こうに、おおっ、タイ クラフト フェア。
これかあ。
d0280781_23172827.jpg

入り口で買い物かごを手渡されて。。。
d0280781_23193627.jpg

中に入る。
d0280781_23211962.jpg

大変な賑わい、お店は多種多様。
籠、織物、焼き物、木工、貴金属等の伝統工芸系はもちろんのこと。。。
d0280781_2327239.jpg

d0280781_23283853.jpg

d0280781_2331254.jpg

d0280781_23441357.jpg

d0280781_234711.jpg

ゾウさん各種ももちろんのこと。。。
d0280781_2332413.jpg

d0280781_23372029.jpg

d0280781_23391079.jpg

d0280781_025175.jpg

d0280781_2340505.jpg

d0280781_2342396.jpg

おおっ、かぎ針編み発見!
d0280781_23525816.jpg

カラフルで、暑い国ぴったり。
d0280781_23563667.jpg

d0280781_23582146.jpg

衝撃は、80年代の遺物カセットテープをかぎ針編みしたリサイクルバッグ。
d0280781_063274.jpg

d0280781_091377.jpg

d0280781_04323.jpg

リサイクル以前に、今時どこでカセットテープを手に入れるのか。カセットテープという存在自体にプレミアムがついていそうな感じ。。。

さて、フェアでは毎回、ハンドクラフトのワークショップも催されている。
d0280781_0334813.jpg

d0280781_034592.jpg

今回はグリーティングカードづくり。
ありがたいことにお手本がいくつもあり、キットがお手本ごとに準備されている。
が、9月とは言え、既に殆どがクリスマスのテーマ。
不器用者は唯一クリスマスではないこのお手本を選ぶ。
d0280781_021188.jpg

ほんのちょっと糸や素材を変えて、二種類つくってみた。
d0280781_0232494.jpg

d0280781_026128.jpg

手芸部員仲間のSayaさんの作品。人に送ってしまうのはもったいない傑作。
d0280781_0284558.jpg

出来上がったカードはそれぞれ値札のついた袋に入り、作者はこれをレジに持って行ってお金を払う、という仕組みになっている。

カードづくり、個人的には大変盛り上がった。
あまりに盛り上がって、作品二つ目は、カードの裏面に飾りをつけてしまったことに仕上がるまで気がつかなかった、という始末。ひえええ。
大盛況のワークショップ、失敗カードが仕上がった頃には満員御礼の状況。
で、満座の笑いを買った不器用者であった。。。

誉れあるバンコク手芸部員Maki さんに導かれて今回やってきたこのタイ クラフト フェア、毎月一回催されているそうな。
次回は10月11日(土)、今日と同様Sukhumvit soi 23 の入り口にあるジャスミン・タワーで。最寄り駅BTSアソーク駅。
d0280781_0414354.jpg

次回のワークショップの御題は、ビーズ!
こぞってご参加下さい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-21 01:07 | その他耳寄り情報
バンコクのユザワヤと呼ばれるタンフアセン
正気を失い、両手にこれ以上持てないほど買い物をしてしまった不器用者であるが、そもそもこのデパートには手芸部の遠征ではるばるやって来たのであって、ここでは買い物だけでなく、第三回バンコク編みチク会も催された、というのが今日の報告。

このデパートの手芸用品フロアには、なんと無料の自由スペースがあるのですよ。
スペース入り口に飾られているモチーフつなぎのドレス、超素敵。
d0280781_015259.jpg

d0280781_0165622.jpg

テーブルが置いてあるだけ、と言えばそれまでだが、教えて下さる先生もいらっしゃるよう。
棒編みをする方々が先陣でいらっしゃったが、写真でパープルのポロシャツを着ていらっしゃるお二人は先生とお見受けした。
d0280781_092040.jpg


自由スペースの前にはミシンが数台置いてあって、ここにも人がかしましく集まっている。
d0280781_0104294.jpg


ここにもバッグの持ち手が売られているのを発見。
d0280781_0121149.jpg


さて、我々の方であるが。。。
Makiさんは今回、ハギレでつくるヨーヨーキルトなるものをチクチク。
すごくかわいいですよねえ。
d0280781_0192537.jpg

こんなかわいいキルトがあったなんて。
不器用者もヨーヨーキルトで何かつくってみたいと思った次第。

Sayaさんはご専門のスタークロシェのバッグ。
色の組み合わせが素敵。
d0280781_0372436.jpg


不器用者は前回の編み会の続き。前回底が終わったので、今回は側面に入りました。。。
d0280781_023924.jpg


またもやあっという間に時が過ぎ去り、気が付けば夕方6時過ぎ。
外に出たら暗くなっていた。ひええ。。。

という訳で、我を忘れ買い物をし、時を忘れ編みチクしたタンフアセン。
あな恐ろしや。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-19 00:33 | 編み編み会
バンコクに帰って来た。
早速の手芸部活動で、今回は遠征。
チャオプラヤ川の向こう岸タンブリ地区にあるタンフアセン(Tang Hua Sen)というデパートに向かう。
充実した手芸用品フロアで有名なデパートで、「タイのユザワヤ」とまで呼ばれるらしい。
川の向こうと言うと、遥か遠い外国みたいな気がするが、手芸部皆で一緒に行けば、その長い道のりもまた楽しからずや。

建物はなかなか大きい。
d0280781_2313644.jpg

d0280781_2314684.jpg


中はデパートというより、以前の西友とかイトーヨーカドーのような大型スーパーに近い感じ。
確か3階か4階が手芸用品フロア(興奮してよく覚えていない)。

天下のユザワヤとまではいかないが、とにかくすごい。
まず突然布地コーナーが現れ。。。
d0280781_1302367.jpg

通り過ぎるとその奥に、ありとあらゆる手芸用品が続く。
ビーズ。
d0280781_052457.jpg

d0280781_071771.jpg

d0280781_085734.jpg

リボン。
d0280781_0103362.jpg

ファスナー。
d0280781_0131040.jpg

バイアステープ。
d0280781_0145522.jpg

紐各種。
d0280781_0171386.jpg

バッグの持ち手。
d0280781_0202199.jpg

d0280781_0225860.jpg

レースが沢山。
d0280781_1315282.jpg

d0280781_13492.jpg


さらに右手には毛糸棚。
d0280781_0361357.jpg

ガラス戸の奥に並ぶのは日本のハマナカ、リッチモアやオリムパスの毛糸とドイツのSchoeller + Stahlが主。
d0280781_046320.jpg

d0280781_0472477.jpg

フロア中央の棚に並ぶのはタイのアクリル糸。
d0280781_0485783.jpg

珍しいタイのコットン100%糸。
d0280781_0541084.jpg

d0280781_0564113.jpg

隣のコーナーにはレース糸。ガラス戸の中は日本のオリムパス、フランスのDMC、ドイツのSchoeller + Stahl。
d0280781_0585991.jpg

d0280781_10462.jpg

各種クロバー製品。
d0280781_125684.jpg

d0280781_135893.jpg

ニットプロのかぎ針やドイツのPrym社の木製かぎ針、さらにタティングレースのシャトル。
d0280781_192513.jpg

刺繍糸もたっくさん。フランスのDMCと、はじめて見るTMというブランドが主体。
d0280781_125553.jpg

d0280781_1224532.jpg

d0280781_124147.jpg

刺繍糸でこんなかわいい花モチーフ!
d0280781_1272646.jpg


並んでいる物があまりに多種多様で、写真ではその全貌はとても伝えきれない。
正気を失うこと請け合い。
で、両手にこれ以上持てないほど買い物をしてしまう。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-17 01:34 | 世界の毛糸屋さん
ハイデルベルクの一角で、偶然フリーマーケットを発見。
ゾロゾロと見物していると、すごい迫力で天に突き出るおみ足が目に入る。
d0280781_0333816.jpg


近づいてみると、おおっ、ソックヤーンの箱!
d0280781_0355036.jpg


手編み小物のお店のようである。靴下の他、帽子やマフラー、手袋、ハンドウォーマー等々。
d0280781_0404988.jpg

d0280781_0414792.jpg

こんなかわいい赤ちゃん靴も!
d0280781_0424340.jpg

色の良さに感心。
並べて置いておくだけで、素敵な飾りになる。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-14 00:46 | 世界の毛糸屋さん
ハイデルベルグ続き。
ビスマルク広場に面して、以前Woolworth というディスカウントスーパーがあった建物が、今はMüller (ミュラー)という日用雑貨スーパーになっている。
ラフィア系糸をハイデルベルグ各所で発見した興奮さめやらず、ここにもラフィア系糸(ラッピング用紐)があるのではないか、と行ってみる。
すると。。。
驚くなかれ、毛糸で一杯の長い棚を発見。
d0280781_2461423.jpg

毛糸以外の手芸用具も棚一杯。
d0280781_2494241.jpg


並んでいる毛糸は、さすがドイツ、マルチカラー糸が大充実で、目が白黒。
SMC の Regia Wash+Filz-it!、それからLana Grossa のソックヤーンや極太毛糸。
d0280781_2531637.jpg

d0280781_2552813.jpg

d0280781_2573056.jpg

d0280781_31444.jpg

向かい側の棚には、Anchor Style の Magiclineシリーズ、コットン100%。
d0280781_3447100.jpg

レース糸までマルチカラー。
d0280781_382859.jpg


さらに、同じ階の文房具コーナーに行けば、ラフィア系糸が!
紙の糸、1玉30メートルで2.59ユーロは、前回紹介した紙屋さんのものより圧倒的に安い。
d0280781_314918.jpg

本物ラフィア、50グラムで1.99ユーロは、前回紹介したidee.と同価格。
d0280781_3175537.jpg

一カ所で冬糸も夏糸も選べる、素晴らしい日用雑貨スーパーマーケットMüller (ミュラー)ハイデルベルグ店の住所は、Bergheimer Straße 4, Heidelberg.

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-11 03:31 | 世界の毛糸屋さん
またもやドイツはハイデルベルクに来ている。
グリーティングカードを探して入った紙屋さんでこんなものを発見。
d0280781_695192.jpg

d0280781_6105758.jpg

ラフィア系の夏糸のように見えるが、お店のリボンコーナーにあったので、編み物用ではなく、ラッピングに使うものであろう。
ビスマルク広場からちょっと入った小道にあるこのお店、紙でできたモノを色々と扱っている。
Papier+Form
St. Annagasse 3
69117 Heidelberg
d0280781_6121611.jpg

1玉30メートルが3.80ユーロ(約517円)。エコアンダリヤが1玉約80メートルだから、かなりの高額。。。
が、それにしてもの大発見。
フランスやドイツの毛糸屋さんではエコアンダリヤやラフィアのような、日本では夏小物の編み物に使われる糸をこれまで殆ど目にしたことがなかったが(唯一、パリ15区の毛糸屋さんでKatiaの紙糸を見たのみ)、なんだ、実は文房具屋さんにあったのね。

さらに、さらに。。。
紙屋さんから表通りHauptstrasse を数歩行ったところ、右手にある本屋さんのウィンドウには、こんなラフィア風糸を発見。
d0280781_6135330.jpg

中に入ると、これまた文具・紙のコーナーには、色とりどりのラフィア系の糸が四つの籠に一杯!
しかも1玉40メートルで3.50ユーロ(約476円)と、紙屋さんのものより若干安い。
d0280781_6155818.jpg


こんな本屋さん。
d0280781_6172778.jpg

Bahnhofsbuchhandlungen
Hauptstrasse 8
69117 Heidelberg

うーん、そうなると、もしかしたら以前よくビーズや皮紐を購入したアート材料屋さん idee. にあるかも、と行ってみる。
d0280781_619799.jpg

idee. Heidelberg
Märzgasse 12-14
69117 Heidelberg

ありました、ありました!
d0280781_6213310.jpg

テカテカしているし、値段も30メートルで1.99ユーロ(約271円)と、少しはエコアンダリヤに近づいて来たかも。
d0280781_6225464.jpg

ホントのラフィア!
d0280781_624687.jpg

150グラムで3.99ユーロ(約543円)と超お買い得だが、触ってみたらごわごわで、かぎ針で編むのは無理っぽい。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-09-08 06:26 | 世界の毛糸屋さん