大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

<   2015年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

なんだかアルパカ毛糸に関心がある今シーズン。
ハイデルベルク旧市街のお買い物通りHauptstrasseにあるデパートKaufhof の毛糸屋さんで、段染めの素敵なアルパカ毛糸に目が行く。
d0280781_0323446.jpg

d0280781_0355480.jpg

d0280781_038464.jpg

d0280781_0405855.jpg

Austermann という、特にソックヤーンで知られるドイツの毛糸メーカーのもので、以前暑い国のデパートでこのブランドの毛糸を見たことがある。

Caleido  という名前の糸で、ベビーアルパカ85%、ヴァージンウール15%、イタリア製。アルパカの配分が高いので、ふわふわの感触。
このデパートには4種類の色しかなかったが、メーカーのサイトによると、全部で7色あるらしい。写真で見ると、どれもシックな色合い。特にどの色番も、微妙なブルーが超好み。

お店にはなかったが、さらに、Caleido Lace という細い糸ヴァージョンもあるよう。これは靴下にしたら、いいだろうなあ。

お店に置いてあった4種類の色、どれも欲しかったのだが、いかんせん、1玉6.99ユーロ、約933円。迷いに迷った末、色番01を購入。
d0280781_048104.jpg


ところで、このデパートの毛糸売り場、手前に塔の様に立っているのは、これまたmyboshi 毛糸。大人気だなあ。
d0280781_0494926.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-31 00:50 | 編み糸
充実の毛糸コーナーがある生活雑貨スーパーMüllerで、myboshiという名前のキットがいくつも並んでいるのを発見。
d0280781_2149768.jpg

d0280781_21563276.jpg

Myboshi のboshiって、日本語の帽子のこと?と調べてみると。。。
なんと、myboshiって、Felix Rohland と Thomas Jaenischというドイツの男性2人組がはじめた、新コンセプトのかぎ針編み帽子キットのブランド。
http://www.myboshi.net/en/home/
ブランド名になぜ日本語の「帽子」という言葉が入っているかというと、2009年に二人で日本にスキーに行った時に、はじめてかぎ針編みを教わったからだそうだ。
この本の表紙、右下に映っている二人がmyboshiの設立者らしい。
d0280781_22102951.jpg


自分で編んだオリジナル帽子をかぶる、というコンセプトを売りにするこのブランド、キットと共に、オリジナル毛糸も沢山出している。ブランドを立ち上げて二年で、myboshi毛糸をなんと160トンも売りさばいたという逸話もあるらしい。
d0280781_2218684.jpg

d0280781_22272277.jpg

でもこの毛糸、ウールはたった30%、あとはアクリル、それで1玉3.75ユーロ、約500円、それって高くない?
さらに、myboshiラベルまで別売り。しかも一つ4.95ユーロ、約650円もする。商才あるなあ。
d0280781_22304739.jpg


日本のスキー場でかぎ針編みを習ってから4年もたたない2013年、フランスの刺繍・レース糸の超大手DMCと提携して、販路を広げる。
DMCのmyboshiページはここ。
http://www.dmccreative.co.uk/MyBoshi.aspx

で、ドイツの小さな町にあるスーパーの毛糸棚にまで並ぶ大手となったmyboshiブランド。
かぎ針一本から始まって、数年でここまでとは、まさにシンデレラストーリー。

こういう話を聞くと、ビジネスって、やはりアイデアだよね。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-28 22:46 | 世界の毛糸屋さん
またもやドイツはハイデルベルクに来ている不器用者。
さすが寒い国、毎日雪が降る。

今回は着いて早々、ハイデルベルク郊外、ローバッハという地区のショッピングモールで、手芸店を発見。
d0280781_324126.jpg

入り口に置いてある長方形の箱の中には、なんだかレトロっぽい裁縫糸が山のように入っている。約1000メートルで1.5ユーロ(約200円)。
d0280781_462729.jpg


毛糸はSMCとRegia のものが主。
d0280781_4134923.jpg

d0280781_4144492.jpg


毛糸はあまり印象深くないが、裁縫関係の周辺材料はなかなか豊富で面白い。
例えば、ボタン。
d0280781_4185151.jpg

ファスナー。
d0280781_420244.jpg

リボン。
d0280781_4212025.jpg

ビーズ。
d0280781_4223984.jpg

d0280781_4255694.jpg

裁縫糸。
d0280781_4274457.jpg

d0280781_4284080.jpg


糸やビーズの棚のラベルから、Gütermannという、1864年にウィーンで創立された手芸用品メーカーを知る。裁縫糸生産から始まったらしい。
ヨーロッパって、裁縫・手芸用品のメーカーがいくらでもあるなあ。

お店では、服のお直しも活発にやっている。
店内に裁縫関係の材料が多いのもうなずける。
d0280781_4305283.jpg


以下がこの手芸店の名前と住所。
Schuneidrei Senci
Hertzstr. 1, 69126 Heidelberg

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-27 04:33 | 世界の毛糸屋さん
かぎ針編みネックレスを発見!事務所にいる若い女性が着けていた。
バンコクで買ったということで、日本円で言えば100円ほどだったらしい。
d0280781_17425161.jpg

丸モチーフを半分に折って、編み紐につけている。
不器用者も丸モチーフを縦に連ねたネックレス花モチーフを3枚横に連ねたネックレスをパリ時代にいくつも編んだが、丸モチーフ3枚をそれぞれ半分に折って横に連ねるという発想は無かったな。

後ろの部分も、留め金ではなくてビーズになっていて、留め金さえもダメな金属アレルギーの不器用者にはぴったり。
しかも長さが調節出来るようになっている。
d0280781_17435749.jpg


これを見て、パリ時代にネックレス編みに熱中した記憶がふつふつとよみがえる。
暑い国ではネックレスでさえも暑苦しいのであるが、今度夏糸で、あまり暑苦しくない感じのネックレス編みにトライしてみようかな。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-24 17:58 | アクセサリー

花モチーフつながる。

先日の編みチク会で10枚編めた花モチーフ、輪につながった。
d0280781_1394499.jpg


アップ。モチーフ一枚ごとに4粒のスワロフスキービーズ入り。
d0280781_1412228.jpg


使用毛糸やビーズの写真は、不器用者のこの記事を御覧下さい。モチーフの編み方リンクもついています。

この輪につながったモチーフの上の辺の目を拾って編み進める予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-23 01:42 | モチーフ

日本の編み物本が到着。

富士山麓のyasueさんのブログを拝見して、即注文した編み教則本が到着。
michiyoさん2013年「さらりと涼しいニットのふだん着」、文化出版局。
Yasueさんの写真を見て、これは絶対編みたい、と即決、アマゾンから即注文、三日で到着。本体1300円、送料1200円。
d0280781_2192247.jpg


Yasueさんも掲載なさっていたこの長編みのプルオーバー、尋常ではないですよ。
絶対編みたい。
d0280781_226331.jpg

d0280781_227276.jpg

この二種類のかぎ針編み模様のゆったりカーディガンも編みたい。
d0280781_2254599.jpg

表紙のプルも素敵だし、

他にも、こういうざくっとしたの、暑い国にはぴったり。(赤はちょっと暑っくるしいかも。)
d0280781_2281088.jpg




クリックお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ

にほんブログ村



編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-21 02:35 | 編み本
バンコク手芸部、今年に入って初めて集まりました。
が、集まる予定にしていたお店が、行ってみたらなんと閉まっている。。。
さてどうしよう、とキョロキョロ辺りを見回すと、おおっ、なんだか素敵なお店が!
d0280781_2295199.jpg


中に入ってみると、ヴィンテージ靴とバッグのお店で、古着が大好きな不器用者は大興奮。
d0280781_231588.jpg

どれもしっかりヴィンテージなのだが、状態がとてもいいのにびっくり。
d0280781_234019.jpg

(UN)FASHION という名前のお店で、エカマイソイ10の入り口左手にあるモールの、エカマイ通り沿いにある。
d0280781_235395.jpg

毎日正午から夜9時まで開店。是非行ってみて下さい。

隣のおもちゃの家みたいなレンガ造の建物にはカフェ(UN)FASHIONもある。
ここで編みチク会しようかな、とも考えたが、中は満員、席無し。

という訳で、エカマイソイ10の奥右手にあるMélangé というレストランに向かうことにする。
ここはまるでホテルのレストランみたいに、プールサイドにテーブルが並んでいる。
プールはお客さんが自由に使っていいということ。
d0280781_2361215.jpg

プールの奥には小さな子供の遊び場も準備されている。
d0280781_2371543.jpg


手芸部はもちろん、プールを眺めるソファ席に陣取る。
d0280781_241435.jpg

Sayaさんは、なんだか変わった糸で巨大マフラーに挑戦中。
d0280781_24238100.jpg

Makiさんはハワイアン・キルトでゴルフクラブのアイアンカバー。
数字9の横にある赤い記号は、タイ文字の9なんだって。すごすぎ!
d0280781_2433281.jpg

不器用者が注文した、ジャーマンアイスコーヒーだかなんだかというもの。
d0280781_2452769.jpg

巨大グラスの裏にあるのが、不器用者が編み編み中のモチーフの山。
左端に半分見えるのは、Sayaさんが注文したクレームブリュレ。

Makiさんが注文したパンナコッタ。
d0280781_2461993.jpg


話題がどういう訳かスタークロッシェに行って、Makiさんが年末に編んだ全スタークロッシェのベレー帽の写真を見せて下さる。スタークロッシェって、やっぱりいいなあ。
d0280781_2335576.jpg


今日は3時間編みチク。おかげさまで、つらいモチーフ編みもはかどりました。

その後はエカマイ通り沿いの人気タイ料理屋さんサバイジャイでおいしいガイヤーンやラーブに舌鼓、さらに最後は不器用者バンコク生活初のバス乗車体験(一乗りたった7バーツ、約25円!)。

手芸部の皆様のお陰で、なんとも発見の多い有意義なひとときを過ごしました。
どうもありがとうございます。また次回よろしく!

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-19 02:50 | 編み編み会

編み人発見!

久しぶりに町で編み人を発見。
d0280781_9352795.jpg

バンコクはスクンヴィット通りの夜店で店番をする女性。
d0280781_9363481.jpg

ラメ入り糸で編んでいるのはバッグだそう。売っているものはバッグではなかったけど。

ちょうど不器用者も、自分で編んだかぎ針編み買い物バッグを持っていたのだが、彼女もそれにすぐに気づいて、お互いの言葉は分からないとは言え、身振り手振りで盛り上がった。(未だ「マイミー」(ないよ)と「マイダーイ」(できないよ)以外、タイ語が分からないという不器用者。。。)


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-18 09:42 | その他耳寄り情報
8枚花びらの正方形アフリカンフラワーを試してみた不器用者。
結論は、大人がかぶる帽子には花びら8枚は多すぎ。
それなら、花びらが6枚の六角形アフリカンフラワーを四角にしてみたらどうだろう、と考える。
早速やってみたのがこれ。
d0280781_14201756.jpg


前回の実験で、黒とグレーでアフリカンフラワーを編むのはあまり意味が無い、ヴィヴィッドカラーが不可欠、と結論づけたのだが、未だアルパカ毛糸にこだわっているので、この糸をテーマにやってみた。
d0280781_14212674.jpg

ドイツの毛糸メーカーSchachenmayr SMC のAlpaka、アルパカ100%。ハッとする、強くてきれいな色のアルパカ糸なので、もっと欲しいと思っていたのであるが、残念ながら廃番のよう。

肝心の六角アフリカンフラワーであるが、編み図は正方形アフリカンフラワーの時と同様、Lanas y Ovillos というスペイン語のサイトにお世話になる。
六角形アフリカンフラワーの編み方動画と編み図はこのページ
作り目の輪の鎖編みを5目にした以外は、この編み図に沿って編んだ。
d0280781_14224478.png

この編み図も、正方形の場合と同様、立ち上がりの鎖目が記されていず、段の変わり目が分からないが、その辺りは編み図の上にある編み方動画を参考にしながら適当にやりましょう。説明はスペイン語だが、わかり易い画像なので、言葉が分からなくても大丈夫。


さて、この六角形にもう一段足して四角にしてみる。
こんな感じ。
d0280781_14234674.jpg

今回は純粋な正方形ではなくて、少しばかり長方形になる。

編み方であるが、Lanas y Ovillosさんの編み図の上に、四角にする段をつけ加えてみた。赤色の部分。
d0280781_14244743.jpg

端的に言えば、六角形の四方に、直角三角形を足すだけ。
d0280781_14253770.jpg


もう2枚編んでみた。
d0280781_14264053.jpg

d0280781_14273176.jpg


なかなか素敵。
特に三つ目が帽子によさそうなので、Crochet with Ricky さんみんなで編もうアフリカンフラワー企画に参加しちゃおうかな、と一瞬思ったが、いや、寄り道していないで、黒とグレーの帽子とネックウォーマーをまず編まないと!

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-15 14:30 | モチーフ
Crochet with Ricky さんみんなで編もうアフリカンフラワー企画を始める、というニュースを読んだ不器用者。
黒とグレーの花モチーフをノロノロと編み始めたところだったので、今回の帽子はアフリカンフラワーのモチーフでやってみるという手もあるな、と考える。サイズもアフリカンフラワーの方が大きいから、編むモチーフの数が減るだろうし。(と怠け心。。。)

でも、アフリカンフラワーって、ビビッドカラーの多色使いが魅力のモチーフ。
黒とグレーで編む地味色アフリカンフラワーって、あり得るのかなあ。

とにかくこういうことは、やってみないと分からない。
で、やってみた。

帽子に使うには、四角モチーフがやり易いので、今回は四角いアフリカンフラワー。
編み図はなんと、Lanas y Ovillos というスペイン語のサイトで発見。
このAfrican flower granny cuadrado ページ。
d0280781_1253682.png

Google で African flower granny square と画像検索したら、この写真に目に行って、クリックしたら、運良く編み図が出て来た。
d0280781_12829.png

ふむふむ、スペイン語ではsquare をcuadrado と言うのだな。

この編み図には、立ち上がりの鎖目が記されていないので、段がどこで変わるのか分からないが、その辺りは編み図の上にある編み方動画も参考にしながら、適当にやりましょう。説明はスペイン語だが、分かり易い動画なので、言葉が分からなくても全く大丈夫。

今回の帽子の場合、黒とグレーを基調とする、というだけでなく、モチーフの背景を黒にする必要もある。同時に、アフリカンフラワーのデザインの特徴である花の外郭のラインを際立たせることも考えないといけない。
難しいなあ、と思いながら最初にトライしたのが、これ。
ビーズの位置がズレてしまったのはご愛嬌。
d0280781_1173295.jpg

花の外郭のラインに紺色のツイード糸を使ってみたのだが、ラインがよく分からない。

で、もう少し明るい色の糸を花の外郭ラインに使ってみる。
d0280781_1193411.jpg

これも、ラインがぼんやりで、際立たない。

こうなったら、黒とグレーだけでやってみよう、と二色で編んだのがこれ。
d0280781_1202091.jpg

ラインははっきりしたが、なんだかごちゃごちゃ、うるさい。。。

考えてみるに、色の問題以外にも、花びらの数が、大人が身につけるものにしては多すぎる感じがする。ヒラヒラしすぎ、というか。

という訳で、今回の黒とグレーの花モチーフの帽子には、いつもの花びら4枚で行くべし、と確認。
d0280781_1212337.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-14 01:32 | モチーフ