「ほっ」と。キャンペーン

大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ちょっと前に駆け足でマレーシアの首都クアラルンプールに行ったのであるが、一晩だけ泊まったホテルの向かいにあるモールでダイソーを発見。
d0280781_1264214.jpg

おおっ、なかなか大きいダイソーだなあ、毛糸あるかなあ、と中に入ると。。。
案の定!この通路左右の棚全部手芸用品。
d0280781_122581.jpg

色とりどりの毛糸棚。
d0280781_1238694.jpg

ここでは一つ100円ではなくて、5.30リンギット、約150円。バンコクでは一つ60バーツ、約200円だから、クアラルンプールの方がかなり安い。
d0280781_12415822.jpg

いいなあ、ウール100%やコットン100%の毛糸が一玉150円だなんて。
d0280781_1244132.jpg

d0280781_12462349.jpg

コットンレース糸はラメ入りもある。
d0280781_12493229.jpg

d0280781_12505888.jpg

テープヤーンも。こういうものが手近にあると、創作意欲も湧くだろうなあ。
d0280781_12521797.jpg


毛糸棚の隣は、フェルトの棚。バンコクで去年のクリスマス前、スリッパの底にするのに探しまくってみつからなかったフェルト生地が、クアラルンプールではこんなに様々なサイズ・仕様で手に入るのですね、しかも一つ150円。
d0280781_1311597.jpg

キャンディーみたいなボタンやビーズ。
d0280781_1334694.jpg

d0280781_135733.jpg

刺繍糸各種。
d0280781_1331553.jpg

バッグの持ち手。
d0280781_13275858.jpg

布テープやマスキングテープ。
d0280781_1327637.jpg

d0280781_13285972.jpg

プリント生地ハギレまで。手前に見える棒針にもご注目を!
d0280781_13334818.jpg

他にももちろん、糸・針類、ファスナー、巻尺、ホック、等々手芸に必要なものが揃っている。
通路一つでここまで何でもあるのにびっくり。

このダイソー、Sunway Putra というモールの地下にある。
d0280781_13532414.jpg


クアラルンプールにはダイソー以外にも毛糸屋さんがいくつかあるようなので、次回は是非訪れたいと思う不器用者。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-11-29 13:51 | 世界の毛糸屋さん
先週の日曜日、バンコク手芸部集まりました!
今回はまだソフトオープニング中のSweeteryという甘味屋さん。
「ソフトオープニング」というのは、不器用者がバンコクで初めて知った概念で、本格開店前のとりあえず開店みたいな意味。
バンコクでは新しいお店の多くがこの「とりあえず」状態で開店して、かなり長いことその状態が続くお店も多く、中には(つぶれて)閉店するまでずっととりあえず開店のお店まであるくらい。
で、このお店、トンロー通りソイ11の角にできた食モール The Taste Thonglor の3階にあるのだが、入っている建物自体がまだ建築中で、壁もまだ塗り終わっていない。グレーの打ちっ放しコンクリートに囲まれた埃っぽい階段を昇ると、突然カラフルな壁が目の前に現れ、それがSweetery。
d0280781_1653216.jpg

中に入ると、背の高い窓に囲まれた明るい空間が広がる。
d0280781_16545892.jpg

手芸には光が必須。ということで、手芸部、その窓に面した席に陣取ります。
d0280781_16573460.jpg

Makiさんは、前回の会合で使っていたのと同じTシャツを引き裂いたみたいな糸の色違い、今回はグレーで編み編み。今回もバッグのようですね。
d0280781_171267.jpg

Sayaさんは、前回の会合で編んでいた三色のマフラー。甥っ子さん用。眺めているうちに、最後の糸始末が大変そうだなあ、とふともらした不器用者。
d0280781_1795378.jpg

不器用者は先日参加したパリ編み編み会で始めた*mati*さん模様のスヌードにお揃いの帽子。
d0280781_17214027.jpg


ところでこのお店、どいういう訳かサイをモチーフにしているらしい。
このキッチンカウンターに並んでいるのは、色とりどりのサイのお人形。
d0280781_17355978.jpg

d0280781_17375338.jpg

d0280781_17443562.jpg

壁一面に並ぶサイの頭。
d0280781_17412659.jpg

どうしてサイなんですか、とお店の主に聞いてみたところ、よく分からなかったが、タイ語では夜友達と外で集まるのを「サイ」と言うらしく、それに掛けている、という風に不器用者は理解した。間違っていたらごめんなさい。

Sweetery
The Taste Thonglor 3階
Thonglor Soi 11
Bangkok
https://www.facebook.com/SweeteryBangkok/

さて、2015年はほぼ毎月一回部会を開催してきた規律正しい優等生のバンコク手芸部。
来月も必ず集まって、有終の美を飾る予定。お楽しみに!

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-11-22 17:50 | 編み編み会

ミュンヘンの毛糸屋さん

駆け足でパリを通り過ぎた後にドイツへ向かったのであるが、今回はいつものハイデルベルクではなくて、ミュンヘン。
買い物が大嫌いな子供を連れていたので、残念ながら毛糸屋さん巡りは断念。
しかし運の良いことに、旧市街を歩いていると毛糸屋さんに遭遇する。
まずは毛糸屋さんとは思え無いようなウィンドウの装い。
d0280781_0371936.jpg

でも、もう一方の窓から見える店内は毛糸が沢山の様子。
d0280781_0424399.jpg

お店の看板にはLudwig Beck とある。
d0280781_1422884.jpg

Ludwig Beckというのは、旧市街の中心マリエン広場にあるデパート。ということは、このデパートの手芸用品部門ということかな。
胸を高鳴らせながら中に入ると、壁何面にも連なる毛糸棚が!
d0280781_0442944.jpg

毛糸は色別に仕分けされ並んでいる。なんて綺麗な眺め!
d0280781_04744.jpg

d0280781_0481668.jpg

d0280781_0493881.jpg

この棚の毛糸さんたちがどうして別仕分けなのか、謎。
d0280781_051348.jpg

置いてあるのは、殆どが スイスのLangかドイツのLana Grossa の毛糸。この二ブランドでこれだけの種類の毛糸が並んでいるということは、この二ブランドの毛糸が殆ど全部置いてあるということだろうか。
外からよく見える、フロアの中心に置かれた棚には、Lang の高級毛糸ラインが置かれていて、Andina、ベビーアルパカ100%の超極太デザイナー毛糸。
d0280781_0594475.jpg

メリノウール58%、シルク38%、ポリエステル4%のSilkmerino
d0280781_105952.jpg

壁に沿った棚は定番系が置かれているよう。例えばコットン97%ポリエステル3%のKappaや、Baby Alpaca、ベビーアルパカ100%。
d0280781_1105178.jpg

色別では無い棚には、例えばこのレース糸のように巻かれている太いコットン糸TissaTissa Color。Dishcloth cotton(お皿洗いふきん用コットン) 100%ということは、これでふきんを編むということ?
d0280781_1235540.jpg


Lana Grossa からは、広告契約しているらしいバイアスロンのオリンピック金メダリストの Magdalena Neuer シリーズのOlympia がフロア中央の棚に。カラフルで目立つ。53%ウール、47%アクリル。
d0280781_13134.jpg

d0280781_125521100.jpg

壁の棚には、Alta Moda Cashmere 16(ウール78%、カシミア12%、ナイロン10%)や Alta Moda Alpaca (アルパカ90%、ウール5%、ナイロン5%)。
d0280781_142958.jpg

Garzato Fleece、アルパカ70%、ナイロン30%。
d0280781_1559100.jpg

棚の横にも二段になった毛糸カゴがあり、Lana Grossa の毛糸がつまっている。
d0280781_13205424.jpg

上の段には、ベルリンをベースに活躍するテヘラン出身のデザイナーLeyla PiedayeshのブランドLala Berlin との提携毛糸
d0280781_19261.jpg


窓から良く見えるフロア中央高級毛糸棚には、少しばかりだが、英国のRowan も。これはAlpaca Colour で、ベビーアルパカ100%。
d0280781_1122720.jpg

なんだかアルパカ多いなあ。アルパカ流行りなのかな。

フロア中央にも二段毛糸カゴがあり、ここにはソックヤーン!
d0280781_1171352.jpg

近づいてみると、Lang のJawolle Magicや。。。
d0280781_1211130.jpg

Lang の Super Soxx Cashmere Color。カシミア10%入りのソックヤーン。
d0280781_1263327.jpg

Lana Grossa のMeilenweit
d0280781_1401685.jpg


編み針は、Lana Grossa のものと、Knit Pro。
d0280781_1352100.jpg

d0280781_1363941.jpg
d0280781_1374284.jpg


さて、このお店、毛糸以外の手芸用品のコレクションがすごい。
一番衝撃を受けたのは、このボタン棚。
d0280781_1304455.jpg

そして、テープ、レース、紐、リボン類の棚。
d0280781_1321288.jpg


話によると、この毛糸屋さん、ミュンヘンでは普通レベルの毛糸屋さんで、もっとすごいお店が色々とあるらしい。
次回ミュンヘンに来た際には、是非毛糸屋さん巡りがしたい、と思う不器用者。

Ludwig Beck Abteilung Kurzwaren & Wolle
Burgstraße 7
80331 München
開店時間:9:30am - 8pm 日曜定休
http://kaufhaus.ludwigbeck.de/kaufhaus/lifestyle/kurzwaren/

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-11-15 02:00 | 世界の毛糸屋さん
連日のパリ関連記事投稿。
昨日報告したパリ編み編み会のあった日曜日、7区の通りrue de Bellechasse をオルセー美術館から南方向へ歩いていると、突然糸とりどりの毛糸クズの山が目に入る。
d0280781_134371.jpg


基本的に不器用者は下を向いて歩いているということですね。
今でこそパリの通りもきれいだけど、前世紀のパリの道は、犬の糞だらけだったのですよ、とほほ。
そして昨今は、歩道がガタガタの某暑い国にある大都市に住んでいるのですよ、とほほ。
そういう所に長年暮らしていると、自己保全のために、歩く時には下を向くのが習慣となってしまう訳ですね。

さて、毛糸クズの山に戻る。
おおっ、これは何だ、と目を上げると、そこにはLa Clinique du Tapis 絨毯クリニックと書かれている。
d0280781_136533.jpg


そうか、古くなった絨毯のお直しをしているのね。
察するに、細くて大変そうな仕事である。

日曜日のこの日は残念ながら閉店中。
が、ありがたいことにお店のサイトには動画もあり、その手仕事の様子や美しい絨毯やタペストリーを目にすることができる。


お店の門構え。
d0280781_1395133.jpg


開店時間は月から土まで、午前10時から午後1時半までと午後2時から午後8時まで。
d0280781_141178.jpg


La Clinique du Tapis
25, rue Bellechasse
75007 Paris
http://www.lacliniquedutapis.com/


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-11-12 01:44 | その他耳寄り情報
各地への旅が続き、ブログアップデートが滞り続ける不器用者。
そのような中、実は十日前の日曜日、何年ぶりかでパリ編み編み会に参加していたのです!
以下、その時の模様。

日曜日の午後3時、いつものカフェに4人集まりました。
Maman Miaさん、Ayaさん、Ayuさん、そして不器用者ことAB。
ABにとっては恐らく2013年4月会合以来のパリ編み編み会。いやあ、このカフェ、何も変わっていないなあ、内装はもちろん、メニューも同じ、WiFi のパスワードも同じ、変わっているのは店員さんだけ。

師匠Ayuさんは、セーターを編み編み中。
d0280781_146596.jpg

こういうセーターになる予定だそう。
d0280781_149225.jpg

使用毛糸はBergere de FranceMagic+
d0280781_1502039.jpg

糸が足りないので、この糸も二本どりにして使う予定らしい。Cascade Yarns220 Superwash
d0280781_1513069.jpg

一体どういうツートンカラーセーターになるのでしょう。楽しみ!

Maman Mia さんはコールドに輝く巨大な毛糸玉を編み編み中。
d0280781_211376.jpg

二年前にパリのアーティストの在庫整理セールで手に入れたものということで、重さ1キロあるらしい。
d0280781_223845.jpg

こういう娘さんのセーターを大人用サイズに編んでいるということ。
d0280781_251039.jpg


バンコク手芸部立ち上げに多大な貢献をなさったAyaさんは、その後パリにお戻りになり、同時にパリ編み編み会にもお戻りに。
今回は何か大変複雑なレース模様を編んでいらっしゃる。
d0280781_2102226.jpg

スヌードになるらしい。

不器用者ことABは、今回唯一かぎ針編み。
昨年編んだ*mati*さん模様のスヌードにお揃いの帽子になる予定。
d0280781_2152320.jpg


ところで今回不器用者が感嘆したのは、Ayuさんの手元に置かれていたこの小さいポーチ。
d0280781_158854.jpg

一目見て、羊のショーンだ!とすぐに分かる、そのそっくりさに大感心。
ラヴェリーで見つけた無料パタンだということで、リンクはここ

久しぶりのパリ編み編み会、おしゃべりに花が咲き、気がつくと既に7時近く。
時間を忘れてしまうような、楽しい一時を過ごしました。
Maman Mia さん、Ayaさん、Ayuさん、どうもありがとう!

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-11-11 02:24 | 編み編み会