大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

パリ編み編み会集合!

不穏な空気の中でイースター週末を迎える欧州にいる不器用者。
先の日曜日は、久しぶりにパリ編み編み会に参加。
パリ編み編み会2011年2月の初会合以来会場に使っていた4区のカフェは、何だかサービスがひどく悪くなったということで、前回からその隣のカフェに移動したということ。
ということで、今回もその隣のカフェに集合。
ケーキやお茶の種類は以前のカフェには負けるとは言え、なかなか居心地の良い空間で、ウェイターの人もフレンドリー。何より、全面の壁に並ぶ本棚が、長居していいよ、という雰囲気を醸し出していて、編み編み会にぴったり。
全部で6人集まりました。

今回は、バンコク手芸部を共に立ち上げたAyaさんが日本にしばらくお帰りということで、そのお別れ会も兼ねた集まり。
そのAyaさんが登場した時にお召しになっていたのは、エッフェル搭の模様のショール。普通の毛糸にラメ糸を合わせて二本どりで編んだということ。
d0280781_0172815.jpg

著名な編みデザイナー三國万里子さんの、これまた有名なデザインのようで、Ravelry でもShawl "Tower Eiffel" By Mariko Mikuni として登場。その情報によると、2011年出版の「きょうの編み物」(文化出版局)に掲載されているということです。
そのAyaさん、会ではこんな色のセーターを編み編み。
d0280781_051611.jpg


今回は遠方からの参加者が不器用者以外にもいらっしゃって、東京からいらしたYukiさん。
最近清里で催された、これまた著名な編みデザイナー林ことみさんプロデュースの三日間ワークショップに参加なさったそうで、その錚々たる講師陣に皆で驚愕。さすが編み編み先進国日本。
詳細はこのちらし(pdf ファイル)をご覧下さい。
Yukiさん、そこで入手したという様々な情報をシェアして下さり、皆でへえ、ほお、とまるではるか彼方の異国から帰ってきた人の旅の話を聞くが如く、全身を耳にして聞き入りました。
そのYukiさんが編んでいるのは、以前京都の洋裁カフェ柴洋の店先で買ったというリネン糸でコサージュ。
d0280781_151813.jpg

へえ、京都にはそういうお店があるのねえ、さすがねえ、とまた皆で感心。

編み編み会は久しぶりというTomiさん、こういう本を紹介して下さる。
d0280781_2272066.jpg

拙ブログでこのデザイナーさんのことを知った、Tomiさんがおっしゃるのだが、どうもピンと来ない不器用者。本の中を見て、ああ、と思い出したのは、この記事。ヘルシンキ出身のMolla Mills さんデザインのクラッチバッグの編み方レシピが出ていたイギリスの新聞記事を紹介したもの。
本に紹介されている、様々なMolla Millis さんの作品、スカンジナビアっぽいシンプルすっきりデザインで、とても興味深い。皆で回し読みしました。
Tomiさんは、この本からかごバッグを編み編み中。
糸は今流行りのHookedのTシャツを引き裂いたみたいなリサイクル糸。
d0280781_2282661.jpg


週末パリ編み編み会をコーディネートしているMaman Mia さん、パリのアウトレット毛糸屋さんCat'Laine で購入したKatia のAztecaを編み始めようというところ。メガネの色とお揃いということでお店の人が勧めてくれたということ。
d0280781_119376.jpg

うー、この毛糸、暑い国でも売っているけど、すごく高い。。。(拙ブログの記事によると、一玉520バーツ、約13ユーロ。) いいな、これがアウトレットにあるなんて。
さてMaman Mia さん、編み始めようと思ったのは良いが、毛糸玉が一つ混乱していて、解きながら巻き直す必要があることが発覚。編み編み会の間にやっと巻き直し完了。
d0280781_1235160.jpg


ここでMaman Mia さん、この糸でこういうセーターを編もうと思うのだけど、と今は亡き雄鶏社の古い編み物本「ブラック&エクリュ 了戒加寿子のニット 」(初版昭和62年!)を取り出す。
d0280781_2452621.jpg

不器用者が超好みのレトロなデザインのセーターで、素敵!と感嘆する一方、段染めの糸はもっと単純なものが良いのでは、という助言も出て、そこで登場したのがYukiさんが某所で撮った他の観光客が着ていたセーターの写真。その写真のセーターがシンプルだけど気の利いたデザインで、これまた皆で大騒ぎしながら回し見をしました。

師匠Ayuさんは、コットン糸で花模様のネット編みの袋を編み編み中。
d0280781_2534175.jpg

さらに手作りのお土産まで下さいました!
こんなポーチ。
d0280781_2545895.jpg

中にはユーロコインやお札のチョコレート。
d0280781_256889.jpg

Ayuさん、どうもありがとうございます!

不器用者は相も変わらずスヌード。そうこうしているうちに、春分の日を迎えてしまった。。。
d0280781_5462366.jpg


いつ行っても、まるでつい先日参加したかのように、すぐにアットホームな気分になるパリ編み編み会
そして、こうしていつでも戻れる場所があることのありがたさ。
しみじみと大感謝。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-25 03:00 | 編み編み会
大統領予備選で大騒ぎの米国であるが、その裏で実は今月は全米かぎ針編み月間
d0280781_1475970.jpg

という訳で、今月は米国発のホームページやブログでは、無料パタンやレッスンが公開中。
まず見るべきは、かぎ針編み情報サイト Crochetville 。日替わりでかぎ針編みデザイナーさんの記事が掲載されている。さらに、日替わりのプレゼント企画も。是非、毎日の楽しみに。

ハンドクラフト情報サイト Craftsy では、Crochet Dude (かぎ針編み男子)という芸名で有名なDrew Emborskyさんの、かぎ針模様編みレッスンに無料アクセスできる。引き上げ編みの模様、縄編み風模様、ビーズ編み込み、等。

かぎ針編み情報サイト Crochet Concupiscenceでは、様々な無料パタンサイトへのリンクがシェアされている。

その他にも、様々なデザイナーさんがそれぞれのブログで無料でパタン配布をしたり、セール企画をしたり。
National Crochet Month で検索してみて下さい。
思わぬ掘り出し物がみつかるかも。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-17 02:01 | その他耳寄り情報
先日、本体が片方だけできたSophie and Meラフィアのスリッパ
d0280781_1516201.jpg

もう片方を編みながら、編み方のさわりを紹介してみようと思う。

以前編んだ不器用者のスリッパ(編み方はここを参照)と基本的には同じ工程で、つま先からぐるぐると円に編み、途中から往復編みで履き口部分からかかと、最後に履き口の周りを縁編み。
大きく違う点は、次の三つ。
*不器用者版はつま先を円から始めるが、ラフィアのスリッパは楕円から始める。
*不器用者版はつま先からかかとまで一気に編むが、ラフィアのスリッパはつま先部分が終わって往復編みに入る前に一度糸を切る。
*かかとの編み方はラフィアのスリッパの方が簡単。

不器用者が使用しているのは毛糸Zakkaストアーズから購入したRaffia の色番74で、これを3.5ミリサイズのかぎ針で編んでいる。

ラフィアのスリッパ、つま先は楕円から始める。よくバッグの底などに使われる編み方で、鎖編みの作り目の両側に細編みを入れる手法。
師匠*mati*さんも、よくこの手法で靴下のつま先を編んでいらっしゃる。最近では例えばこのレース編み風靴下

作り目は、奇数目鎖編みをする。今回は7目。

一段め。立ち上がりの鎖を一目編み、細編みを6目。細編み6目めを入れた鎖にさらに細編みを3目入れ、編み地を返して、今編んできた方向を戻る形で、作り目の鎖それぞれにまた細編みを一目づつ、全部で7目入れる。最後の鎖目には細編みをさらに3目入れ、続けて立ち上がりの鎖に引き抜く。これで一段め終わり。一段めには、立ち上がりの鎖を含め、20目出来ているはず。

二段目は、左右両端で二目づつ、計四目、増し目をしていく。まず、立ち上がりの鎖を一目。細編みを6目。前段次の細編み目に細編みを二目入れ、次の目には細編み一目、その次の目には細編みを二目入れる。続けて、前段のそれぞれの目に細編みを一目づつ、つまり7目入れる。次の目には細編みを二目、その次の目には細編み一目、前段最後の目には細編み二目。二段目は、立ち上がりの鎖目を含めて、24目できているはず。

三段目は増し目無しで、前段一目づつに細編みを一目入れる。
四段目はまた左右両端で二目づつ、計四目増し目。立ち上がりの鎖目を含めて、28目できる。
五段目は増し目無しで、前段一目づつに細編みを一目入れる。

という風に、偶数段で左右両端で二目づつ増し目、奇数段では増し目無し、と交互に繰り返し、9段目まで編む。10段目は偶数段だが、増し目無し。サイズを若干大きくしかたったらまた両端で増し目しても良い。

ここまでの編み図。久しぶりに編み図描いてみた。
d0280781_15184320.jpg

編み図の上の側が底になり、下の側が甲になる。
底側の中心の目、甲側の中心の目、そして左右の水平線状の目にクリップを入れておくと、現在の目の位置が確認しやすく、間違えにくい。編み図では赤い色のついている目がこの四等分の地点。
クリップとクリップの間はそれぞれ8目。
増し目をする場合は、この左右両端の赤い目の前後で増し目をする訳である。
こんな風になる。
d0280781_1527167.jpg


次に長編みと鎖編みの模様編みを始める。
模様編み一段目は、細編みと鎖編みで模様の土台を作る。
底側は細編みで、甲側は細編みと鎖編みを交互にする。
立ち上がりの鎖のあと、細編みを10目。続いて宙に鎖を一目。前段の細編み目を一目おいて、次の目に筋編みの細編み一目。また鎖一目、前段の目を一目おいて、次の目に筋編みの細編み一目。鎖一目、筋編みの細編み一目を計10回繰り返し、続いて鎖一目、そのあとは前段一目おいて、普通の細編み一目、続けて細編み三目。立ち上がりの鎖に引き抜く。

模様編み二段目から長編み。立ち上がりの鎖三目、続いて長編みを9目。宙に鎖一目。前段の鎖目を束で拾い、長編み一目。宙に鎖目一目、前段の鎖に長編み一目、を11回繰り返し、続いて長編み4目を前段の細編み目に入れる。立ち上がりの鎖三目めに引き抜く。

模様編み三段目。立ち上がりの鎖三目。長編み10目。鎖編みと長編みの繰り返しを11回。長編み3目。引き抜き編み。

二段目と三段目を繰り返し、7段目まで編む。

長編み目が続く部分が底側。
d0280781_1642816.jpg

長編みと鎖の格子模様部分が甲側。
d0280781_1655634.jpg


模様編み部分の編み図。
d0280781_16101476.jpg


最後の引き抜き編みのあと、糸を切る。
次から往復編みなのであるが、甲の中心のすぐ左にある鎖目、上の編み図で言えば、7段目左の方にある赤い鎖目の次(左)にある黒い鎖に糸をかけて編み始める。

ここから先は、簡単でかわいいかかとも含めて、Etsy のお店Sophie and MeでUS$5.73で販売されている編み方レシピをご覧下さい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-13 16:22 | 靴下・スリッパ
またもやベトナム訪問で、今回はホーチミン市。
前回のベトナム中部地方訪問と違って、仕事目的のみの訪問なので、毛糸屋さんを探索する時間はゼロ。
しかし大きい町なので、毛糸屋さん情報があるかも、と一応ネットで探してみる。
ほうほう、ホーチミンにはチュロン(Cho Lon)というチャイナタウンがあって、そこに手芸用品店や毛糸屋さんがあるみたいだな。
しかし残念ながら、チュロンというのは、不器用者が泊まっている町の中心から遠く、歩いて行ける距離では無いらしい。
さらに調べてみると、町の中心地域には観光客が多く訪れるベンタイン市場(Ben Thanh Market)というものがあり、その周囲の道沿いに毛糸を売っている露店がある、という日本人の方や日本人ではない方の情報を目にする。
バンコクに帰る間際、空港へ向かう前に一時間空いていたので、今こそ、と足早にその市場へ向かう。
で、どうなったかと言うと。。。
話は長くなるので早送りをして結果だけ報告。
市場の周りを歩いたのだが、毛糸屋さんは見つからず。そもそも市場の周りは綺麗に片付けられていて、毛糸屋さんのみならず、露店は皆無であった。代わりに、警察か警備員みたいな方々が、そこここに佇んでいらっしゃっていた。

うー、折角無理して来たのにぃ、とがっかりしながらも、飛行機に遅れると困るので、無念、と早々に諦めてホテルへ戻ることにする。
その道すがら、Le Loi 通りをRex Hotel 方面に向かって左側の歩道を歩いていると、突然目の前にこんなリボン屋さんが現れた。
d0280781_1345121.jpg

うー、時間無いよお、と頭の一方では思いながらも、頭のもう一方が、これは何か面白そう、と急き立てる。
考える間もなく、体が店に近づいて、まず目に飛び込んで来たのは、そう、マクラメ糸!
d0280781_1424219.jpg

ダナンの手芸用品店では、毛糸は無くてもマクラメ糸があったが、やはりベトナムはマクラメ糸なんですかねえ。
d0280781_1525698.jpg

しかしここでは、ダナンのお店より値段が高い気がする。何しろ測り売りで、1メートルあたり3000VND、約15円。ダナンでは400グラムでは40,000VND、約200円。一体400グラムが何メートルになるのか見当もつかないが、少なくとも300メートルはあるのでは?

マクラメ糸の隣には、こういう合成スエードのような紐が様々な色で並んでいる。アクセサリー作りに良さそう。
1メートルあたり4000VND、約20円。
d0280781_241420.jpg


次に目に入ったのは、これまた色とりどりの、麻紐! 感じとしては、ジュートかな。1メートルあたり2000VND、約10円。
d0280781_22546.jpg

この段染めタイプのが珍しい。段染めの麻紐、不器用者は初めて見た。
で、写真左中央に写っている、ブルー系のものを一巻き購入。
一巻きで買うと値引きがあって、90メートルで145,000VND、約735円。

お店はLe Loi通り沿いにあり、Nguyen Hue 通りのRex Hotel のある角から歩いた場合、一つ目に交差する通り(Pasteur 通り)を渡って少し進んだところ、右手にある。

お店は文房具屋さんも兼ねていて、リボンの棚の向かいには文房具のこんな棚。Rex Hotel の角から歩いて行くと、リボンよりも先にこの文房具の棚が目に入るかも。
d0280781_2183171.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-10 02:21 | 世界の毛糸屋さん
ローマにお住まいのIngunn Santini さんのお店Sophie and Me で発見した、編み底付きラフィアのスリッパであるが、スリッパ片方の本体部分が編み上がる。
d0280781_4201088.jpg

d0280781_421042.jpg

本体は毛糸Zakkaストアーズで買ったラフィアの色番86を3.5ミリのかぎ針で編んでいる。
履き口の縁周りは、ドイツのメーカー Wolle Roedel の定番コットン100%糸Mille Fili の色番5943を二本どりにして、これもまた3.5ミリのかぎ針で編んだ。
d0280781_4221385.jpg

前回の記事でラフィアの色番86は紹介したので、今回はMille Fili色番5943を紹介。
d0280781_1133798.jpg

着画。Sophie and Me で買ったパタンではS、L、Mサイズがあって、これはMサイズ。丈は調節できるが、不器用者は甲が高めなので、スリッパにしては履き口が若干ぴったりしすぎ感があるかも。
d0280781_428918.jpg

続いてもう片方の本体を編み、それから編み底にトライする予定。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-07 04:30 | 靴下・スリッパ
ニュース!
バンコクのリトル・トーキョーとも言えるスクンヴィット・ソイ33/1にあるセリア系100均ショップNeoに行ったら、入り口右手の床に色とりどりの毛糸袋が積み重なっているのを発見。
d0280781_0423338.jpg

おおっ、毛糸が新しく入荷したのか、と近づくと、最初に目に入ったのはこれ、ひつじちゃんナチュラル
見るからにウール100%。
d0280781_0522375.jpg

実際ウルグアイウール100%と表記してある。
興奮した不器用者、袋を一つ一つ見ると、素材も色も様々な毛糸が10玉づつ袋に入っている。
これまたウール100%のほっこりひつじちゃん
d0280781_054876.jpg

アクリルたわしに最適な感じのアクリルマーブル
d0280781_114536.jpg

ふわもこモールもこもこブークレー
d0280781_184994.jpg

なないろ彩色Newアクリル中細
d0280781_1425485.jpg

ジュート48%とコットン52%混合の雑貨ジュート
d0280781_0584211.jpg

コットン100%のコットンレース。
d0280781_1101575.jpg


値段を聞いたら、一玉それぞれ25グラムで80バーツ、約250円。もはや100均とは到底呼べない。日本から暑い国に来る間に2.5倍に膨れ上がってしまったとは、どいういうことかしら。。。

しかしこのひつじちゃんナチュラル、暑い国では見たことのない「ウルグアイウール100%」がたまらなく魅力的。しかもこげ茶色が超好みだし、「染色をしていないエコロジーなウール」なんて書いてあるし、一分間悩んだとは言え、またたく間に降参して買ってしまう。
d0280781_1393044.jpg


今度日本に行った時に買えばいいのに、とも思うのだが、日本に行くと素敵な毛糸があまりに色々とあって、わざわざセリアで毛糸買わないんですよね。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-04 01:16 | 世界の毛糸屋さん
先の日曜日、バンコク手芸部集まりました!
集まったのは、スクンヴィット通りソイ26にあるCasa Lapin というオレサカフェ。
すみません、今回カフェの写真を撮るのをすっかり忘れてしまった不器用者。

さて、広々として落ち着いた空間が特徴のこのカフェ、不器用者は週末によく何時間も座って編み編みをしていた。
何しろ入り口入ってすぐの位置に、ふかふかのソファが三つ大きなテーブルの回りにコの字型に置いてあり、これがまさに、編み編みでもしてなごんで下さいね、とでも言っているような環境。
で、今回手芸部の集まり場所に抜擢。
ところが今回行ってみたら、驚愕したことに、なんとこのふかふかソファ席がなくなっていて、その代わりに背の高いテーブルの回りに背の高いバースツールが並ぶ、という体制になっていた。
これは、もう編み編みはしてくれるな、という店からのメッセージか、と立ちすくむ不器用者。
ふと回りを見渡すと、店内のテーブルは全て満席。
あわててテーブルを一つ一つ確認すると、ありがたくも店の奥のテーブルに陣取っているYさんを発見。
早速、前はあそこにソファ席があったのよお、と惨めな声で報告。
そうこうしているうちにKさんがご到着。

今回の手芸部、集まったのは三人で、Kさん、Yさん、そして不器用者。
手芸部創始メンバーのMakiさんとSayaさんはお忙しいということで、残念ながら欠席。
三人とは言え、はじめは口の方ばかり動いて、編み物はそっちのけ。
しばらくしてハッと気がついたのは、Yさんが今回、これまでと違うものを編んでいること。
d0280781_2205077.jpg

これまでゴルフクラブのヘッドカバーを編んでいたYさん、今回は色違いの四角いモチーフを編んでいらっしゃる。ガーター編みの四角いモチーフを合わせて、ドアマットを作っていらっしゃるそうです。

マクラメ紐編みの女王Kさんは、今回はラメ入りのマクラメ紐でバッグ。
d0280781_2342227.jpg

こういう麻糸で編むバッグの本の編み図を参考にしているそう。
d0280781_2365824.jpg

ラメ入りのマクラメ紐は、バンコクのチャイナタウンで一袋500グラム160バーツだということ。
d0280781_2385143.jpg


不器用者は、最近全く進んでいないスヌードを、ここぞとばかり編む。
d0280781_240548.jpg

手芸部のお陰でたいぶ進んだが、それでもまだまだまだまだ。
ネックウォーマーに変えようかとも思ったが、それでは編み込んだ花モチーフの位置がしっくりこないので、もうしばらく粘ることにする。

さて、今回の手芸情報の目玉はこれ。
d0280781_254387.jpg

Kさんがチャイナタウンで手に入れた、紐というかなんというか、ツタの茎みたいなもの。
d0280781_2521148.jpg

一体これはどうやって使うのか、という点について三人で考えてみたのですが、指で編む、とか、太い針を使う、という位しか思いつきませんでした。。。

話は戻ってふわふわソファ席。
レジでお金を払っていると、以前は気がつかなかった中二階にソファが置かれていることが目に入る。
そうか、最近流行りの中二階を長居用ソファ席スペースにするのね。
曇り空に一筋の光が差し込んて来た気持ちになり、レジの若い男性に、あそこにソファを置いたのね、と話しかける。
まだ開いていないんですけどね、今はスタッフのトレーニングに使っています、というそっけない返事。
でも、いつか開くんでしょ?いつ開くの?と聞くと、いつか開くと思います。いつかまだ決まっていないけど、というこれまたそっけない返事。
にもかかわらずそれを前向きに受け止めた不器用者、いつかまたソファ席が解放されるのを楽しみに待ち望むことにする。
その時には是非またCasa Lapin 26で手芸部やりましょう!!

Casa Lapin x26
Sukhumvit Soi 26, Bangkok, Thailand
最寄駅:BTS プロンポン
開店時間:毎日午前7時半から午後10時。
http://bk.asia-city.com/restaurants/bangkok-restaurant-reviews/casa-lapin-x26

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-02 03:08 | 編み編み会