大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

またまた中国に行って来た不器用者。
先日は北京、今回は上海。
当然毛糸屋さんを探す。
色々と試行錯誤した結果、今回はiPadでは少しばかりGoogle を使えるようになり、お陰で上海の毛糸屋さん情報を検索することができた。
どれも数年前の情報とは言え、日本人の方々のブログ幾つかの情報によると、瑞金二路と建国西路の交差点に毛糸屋さんが何軒が並んでいるということ。
と言われてもねえ。。。この広大な上海のどこに瑞金二路と建国西路があるのか見当もつかない。
万が一見つかるかもと、ホテルのフロントでもらった地図を目を皿のようにして見回す。
すると実にその万が一が起きて、「瑞金二路」という文字が目に入る。なんてこったい、運のいい。
その通りを指でつたって「建国西路」との交差点を探す。
あった! 何のことは無い、観光客に人気の田子坊のそば。ハンドクラフトやアート系のオリジナルなお店や小さなカフェやレストランが並ぶ路地裏地区で、そのすぐ西側の交差点。
最寄り地下鉄駅は、9号線の打裏橋。

不器用者は瑞金二路を北方面から南方面へ歩いてこの交差点に到着。
毛糸屋さんは瑞金二路通り沿いに三軒並んでいる。
d0280781_14583036.jpg

写真の手前から七彩絨綫、真ん中の赤い看板、そして奥の赤い看板が毛糸屋さん。
一番奥の店は恒源祥という中国の大毛糸メーカーの毛糸を主に扱っているよう。
d0280781_14592392.jpg

店内は四角い部屋で、三面の壁に毛糸がぎっしり。
d0280781_1501765.jpg

正面奥の壁沿いが高級毛糸な感じ。
このDelphi という毛糸、各色あって、500グラムで196元、約3372円。
この糸で編んだ四辺が下がっていたので触れてみたところ、超ふわふわ。
d0280781_1515974.jpg

お店には編み針もある。北京もそうだったが、中国では棒針編みが殆どのようで、ここでも棒針しか置いていない。
d0280781_15303.jpg


上記のお店に向かって左方向にあるのが、このお店。
d0280781_1535869.jpg

店頭のワゴンの一袋10元セールが気になる。約172円。
近づいてみると…
こういうのと、
d0280781_155187.jpg

こういうの。
d0280781_1561562.jpg

羊毛100%という表記で、日本輸出向けらしく、取り扱い表記にカタカナも見える。一袋に4玉入っている。一玉は40グラム。
d0280781_1572156.jpg

店内に一歩入ると、今度は一袋6元の表記が!約103円。
d0280781_1594589.jpg

店内は間口が狭くて奥が深い、うなぎの寝床タイプ。
d0280781_151146.jpg

お店の方は、セーターの袖を編み編み中。
d0280781_1524509.jpg

なんだか独特な針動き。効率がいい感じ。

動画のリンク:https://youtu.be/PgdCjw1cCp4

上記のお店向かってさらに左、交差点に一番近いのがこのお店。
d0280781_1513648.jpg

ここもワゴンセールが。
一袋15元のワゴンはモヘア糸さんたち。その隣には一袋10元のワゴン。
d0280781_1515879.jpg

一袋10元のワゴンにあるのは、アルカパ60%、アクリル40%の糸、一玉50グラムが三玉一袋。袋から出して触れてみたところ、実にアルパカらしく、しっとり柔らか。
d0280781_1516142.jpg

ここも店内はうなぎの寝床タイプ。
d0280781_15172055.jpg


暑い国で毛糸は必要ないのは重々承知、しかしあまりに激安のワゴンセール、買わないでいられない。しかも上記二番目のお店のワゴンには好みのタイプの深いこげ茶色の毛糸がある。という訳で、そのお店の一袋10元ワゴンからこの毛糸を手に入れた。羊毛100%、一玉40グラム、四玉入りの袋。つまり一玉43円。
d0280781_152023.jpg

d0280781_1521164.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-04-24 15:29 | 世界の毛糸屋さん
北京の前にはまたもやドイツのハイデルベルクに行っていたのであるが、旧市街の商店街HauptstrasseにあるWolle Roedel の前を通ったところ、こんな春色の糸がウィンドウに出ているのを発見。
d0280781_14423712.jpg

この糸で編まれた作品。
d0280781_14471830.jpg

おおっ、春夏糸が登場か、と早速店内に入ってみる。
すると、店内フロア中央にでんと置かれた毛糸棚、春色満載。
d0280781_14503027.jpg

並んでいるのは、ドイツのブランドWolle RoedelRico Design の春夏糸で、なかなか面白い多色糸や素材のコレクション。

これはコットン100%の定番糸Mille Fili の新色。普通の単色コットン糸だが、大変編みやすく、何より色の種類がとても豊富なので、不器用者のお気に入り。
d0280781_15392.jpg

d0280781_15124026.jpg


これはそのMille Filliの多色版とラメ入り版で、Mille Fili PrintMille Fili Glitz
d0280781_15233499.jpg


d0280781_15112767.jpg


Lino Royal はリネン40%、ヴィスコース32%、コットン28%。
d0280781_15183357.jpg


Rico はアート素材のような変わり糸が得意。きしめんみたいな糸のシリーズRico Fashion Summerの単色
d0280781_15321191.jpg


Rico Fashion Summer Denim
d0280781_15305411.jpg


Rico Fashion Summer Print
d0280781_15333947.jpg


若干テカテカした素材で紐のようなRico Fashion Ribbon
d0280781_1535241.jpg


紙の糸Rico Creative Paper は単色と多色がある。
d0280781_1542840.jpg

d0280781_15425886.jpg


コットン100%糸でも、Rico は微細に差異化した多色糸を展開。
Rico Fashion Touch Summer
d0280781_15571964.jpg


Rico Fashion Colour Pop DK。お店のウィンドウに飾ってある糸。
d0280781_15595060.jpg


Rico Fashion Fantasy
d0280781_1552622.jpg


Rico Fashion Pixel DKはコットン65%、ポリエステル35%。
d0280781_15555265.jpg


最近流行りのジャージー糸もあって、Rico Fashion Jersey。若干細めなのがいい感じ。
d0280781_1631524.jpg


変わり糸で、Rico Fashion Top Spin Aran。コットン45%、ポリエステル43%、ポリアクリル12%。
d0280781_165910.jpg


Rico の紙の糸に惹かれたのであるが、よく考えたらまだまだラフィアやエコアンダリヤ、さらに何年も前に買ったKatia の紙の糸も在庫にあるので、買わなかった。
とは言え、店頭のセールワゴンに積まれていたコットン糸を沢山買ってしまったので、結局在庫は膨張する一方。
そのセール糸の話はまた。

Wolle Roedel
Hauptstraße 99, Heidelberg
月–金 9:30-19:00
土   10:00-18:00


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-04-10 16:22 | 世界の毛糸屋さん

北京の毛糸屋さん

北京の毛糸屋さんの記事へのリンクはこちらです。
http://bkyo.exblog.jp/23033094/
[PR]
by bkyo | 2016-04-03 12:42 | 世界の毛糸屋さん

北京の毛糸屋さん

駆け足で北京に行っていたのであるが、ブログにアクセスできなかった。。。
という訳で、暑い国に戻って来た今、記事をアップ。
何しろ、48時間の駆け足滞在だったにもかかわらず、帰りの飛行機に乗る直前の短い隙間時間に、毛糸屋さんを訪問!
北京は冬は寒いし大都会だし、ということで毛糸屋さんはあるだろうと予想はしていたのであるが、中国ではグーグルが使え無いことをすっかり忘れていた不器用者、事前に調べないで出発。
着いてから、あちゃー、と思ってYahoo!で検索。日本語で検索したら、何も出てこなかったのであるが、英語で検索したら、一つ出て来た。

Wansha Wool Store 万纱经典毛纺织品
14-2 Dengshikou Dajie, Dongcheng District
东城区灯市口大街14- 2号
Tel: 010-6512-7090

早速中国語の住所をタクシーの運転手さんに見せて、ダッシュ。
ありがたいことに、お店はすぐに見つかった。
d0280781_17123791.jpg


店に入ると、奥も左右も壁全面に毛糸。
d0280781_17152468.jpg

お店の中央には毛糸が山と積まれている。
d0280781_1836871.jpg


入り口入って右側の壁。
d0280781_1717695.jpg

その一番手前の棚はウサギの毛糸。今調べたところ、世界のアンゴラウサギ毛糸の90パーセント近くが中国産らしい。
d0280781_17201934.jpg

d0280781_17483042.jpg

お店の毛糸は量り売りで、表示は全て500グラムの値段。このウサギの値段は、500グラムで150元、約2500円。50グラムの毛糸玉だったら、たった250円。

右側の壁の中ほどにはコットン。激安で、500グラム58元、約1000円。言うまでもなく、50グラムなら、たった100円。一玉の重さが少ない100均のコットン糸より安い。
d0280781_17574748.jpg

d0280781_1833646.jpg


コットンの左隣にはカシミヤ。カシミヤは中国語で山羊绒と書くことを学ぶ。これは500グラム480元(8265円)。色が混ざった箱入りなので、買うのはちょっと、という感じ。
d0280781_17283553.jpg

d0280781_17372736.jpg


コットンやカシミヤの棚の前に置かれている低いガラス棚には、リネンの糸やウールの毛糸が置かれている。
d0280781_18303158.jpg

同じく入って右手の壁、一番奥の棚にはモヘア糸。色合いがなかなかいい感じ。500グラム150元。
d0280781_17444320.jpg

d0280781_17463548.jpg


お店入り口正面の壁は、日本ではファンシー・ヤーンというのかな、または変わり糸?
d0280781_17552930.jpg

d0280781_1884814.jpg


入り口入って左側の壁、一番手前には、織物用の細いカシミヤの糸。これは高くて、500グラムで1380元、約23,800円。
d0280781_18104928.jpg

入って左側の壁には、ウールとコットン混合の糸や、オーストラリア産のメリノウールなどもあり、壁の棚の前の床やガラス戸の棚には、ラクダの毛糸。これも500グラム150元。
d0280781_18251760.jpg

d0280781_18275252.jpg


様々な素材の糸が並んでいて、何より超お手軽価格なので、不器用者は大興奮状態。爆買いしそうになるが、そう買っても暑い国では毛糸のものは必要ないし、よくよく見たら単色の毛糸は色合いの幅が狭いので、色々と考える。その結果、サンプルの編み地がフワフワに柔らかいウサギの毛糸を買うことにし、その中で最も気に入ったこの色を購入。実際の色は写真よりもかなり濃い。
d0280781_18434650.jpg

これ、それぞれの巻き(玉?)の重さが見るからに違うのだが、異なるサイズの巻き(玉)を三つ買って、計430グラム。
基本的に小物編みばかりの不器用者、これはかなり長いこと無くならないだろうな。

それから、モヘアをまぶしたようなこういう変わり糸も一巻き購入。これで205グラム。
d0280781_18452890.jpg

d0280781_18484753.jpg


Wansha Wool Store 万纱经典毛纺织品
住所:14-2 Dengshikou Dajie, Dongcheng District
东城区灯市口大街14- 2号
Tel: 010-6512-7090
開店時間:午前8時半から午後7時
最寄り地下鉄駅:地下鉄5号線灯市口駅

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-04-02 19:04 | 世界の毛糸屋さん