大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo
ニュース!
バンコクのリトル・トーキョーとも言えるスクンヴィット・ソイ33/1にあるセリア系100均ショップNeoに行ったら、入り口右手の床に色とりどりの毛糸袋が積み重なっているのを発見。
d0280781_0423338.jpg

おおっ、毛糸が新しく入荷したのか、と近づくと、最初に目に入ったのはこれ、ひつじちゃんナチュラル
見るからにウール100%。
d0280781_0522375.jpg

実際ウルグアイウール100%と表記してある。
興奮した不器用者、袋を一つ一つ見ると、素材も色も様々な毛糸が10玉づつ袋に入っている。
これまたウール100%のほっこりひつじちゃん
d0280781_054876.jpg

アクリルたわしに最適な感じのアクリルマーブル
d0280781_114536.jpg

ふわもこモールもこもこブークレー
d0280781_184994.jpg

なないろ彩色Newアクリル中細
d0280781_1425485.jpg

ジュート48%とコットン52%混合の雑貨ジュート
d0280781_0584211.jpg

コットン100%のコットンレース。
d0280781_1101575.jpg


値段を聞いたら、一玉それぞれ25グラムで80バーツ、約250円。もはや100均とは到底呼べない。日本から暑い国に来る間に2.5倍に膨れ上がってしまったとは、どいういうことかしら。。。

しかしこのひつじちゃんナチュラル、暑い国では見たことのない「ウルグアイウール100%」がたまらなく魅力的。しかもこげ茶色が超好みだし、「染色をしていないエコロジーなウール」なんて書いてあるし、一分間悩んだとは言え、またたく間に降参して買ってしまう。
d0280781_1393044.jpg


今度日本に行った時に買えばいいのに、とも思うのだが、日本に行くと素敵な毛糸があまりに色々とあって、わざわざセリアで毛糸買わないんですよね。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-03-04 01:16 | 世界の毛糸屋さん
先の日曜日、バンコク手芸部集まりました!
集まったのは、スクンヴィット通りソイ26にあるCasa Lapin というオレサカフェ。
すみません、今回カフェの写真を撮るのをすっかり忘れてしまった不器用者。

さて、広々として落ち着いた空間が特徴のこのカフェ、不器用者は週末によく何時間も座って編み編みをしていた。
何しろ入り口入ってすぐの位置に、ふかふかのソファが三つ大きなテーブルの回りにコの字型に置いてあり、これがまさに、編み編みでもしてなごんで下さいね、とでも言っているような環境。
で、今回手芸部の集まり場所に抜擢。
ところが今回行ってみたら、驚愕したことに、なんとこのふかふかソファ席がなくなっていて、その代わりに背の高いテーブルの回りに背の高いバースツールが並ぶ、という体制になっていた。
これは、もう編み編みはしてくれるな、という店からのメッセージか、と立ちすくむ不器用者。
ふと回りを見渡すと、店内のテーブルは全て満席。
あわててテーブルを一つ一つ確認すると、ありがたくも店の奥のテーブルに陣取っているYさんを発見。
早速、前はあそこにソファ席があったのよお、と惨めな声で報告。
そうこうしているうちにKさんがご到着。

今回の手芸部、集まったのは三人で、Kさん、Yさん、そして不器用者。
手芸部創始メンバーのMakiさんとSayaさんはお忙しいということで、残念ながら欠席。
三人とは言え、はじめは口の方ばかり動いて、編み物はそっちのけ。
しばらくしてハッと気がついたのは、Yさんが今回、これまでと違うものを編んでいること。
d0280781_2205077.jpg

これまでゴルフクラブのヘッドカバーを編んでいたYさん、今回は色違いの四角いモチーフを編んでいらっしゃる。ガーター編みの四角いモチーフを合わせて、ドアマットを作っていらっしゃるそうです。

マクラメ紐編みの女王Kさんは、今回はラメ入りのマクラメ紐でバッグ。
d0280781_2342227.jpg

こういう麻糸で編むバッグの本の編み図を参考にしているそう。
d0280781_2365824.jpg

ラメ入りのマクラメ紐は、バンコクのチャイナタウンで一袋500グラム160バーツだということ。
d0280781_2385143.jpg


不器用者は、最近全く進んでいないスヌードを、ここぞとばかり編む。
d0280781_240548.jpg

手芸部のお陰でたいぶ進んだが、それでもまだまだまだまだ。
ネックウォーマーに変えようかとも思ったが、それでは編み込んだ花モチーフの位置がしっくりこないので、もうしばらく粘ることにする。

さて、今回の手芸情報の目玉はこれ。
d0280781_254387.jpg

Kさんがチャイナタウンで手に入れた、紐というかなんというか、ツタの茎みたいなもの。
d0280781_2521148.jpg

一体これはどうやって使うのか、という点について三人で考えてみたのですが、指で編む、とか、太い針を使う、という位しか思いつきませんでした。。。

話は戻ってふわふわソファ席。
レジでお金を払っていると、以前は気がつかなかった中二階にソファが置かれていることが目に入る。
そうか、最近流行りの中二階を長居用ソファ席スペースにするのね。
曇り空に一筋の光が差し込んて来た気持ちになり、レジの若い男性に、あそこにソファを置いたのね、と話しかける。
まだ開いていないんですけどね、今はスタッフのトレーニングに使っています、というそっけない返事。
でも、いつか開くんでしょ?いつ開くの?と聞くと、いつか開くと思います。いつかまだ決まっていないけど、というこれまたそっけない返事。
にもかかわらずそれを前向きに受け止めた不器用者、いつかまたソファ席が解放されるのを楽しみに待ち望むことにする。
その時には是非またCasa Lapin 26で手芸部やりましょう!!

Casa Lapin x26
Sukhumvit Soi 26, Bangkok, Thailand
最寄駅:BTS プロンポン
開店時間:毎日午前7時半から午後10時。
http://bk.asia-city.com/restaurants/bangkok-restaurant-reviews/casa-lapin-x26

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-03-02 03:08 | 編み編み会
ベトナム中部地方毛糸屋さん探しの続き。
フエでは編み人は幾人も発見せども、毛糸屋さんは見つからず。
ダナンでは手芸店を発見せども、毛糸は見つからず。
というのがこれまでのあらすじ。

で、今回は、とうとう毛糸屋さんを発見した、というお話。

発見したのはダナンのコン市場。
d0280781_2253929.jpg

前回も触れたように、ダナンにはハン市場とコン市場という二つの市場が街中にある。
ハン市場はどちらかと言えば観光客向け。
コン市場はどちらかと言えば、地元の人の日々の買い物向け。
で、毛糸屋さんは、コン市場。
言うまでもなく迷路のような市場なのであるが、毛糸屋さんに行くには、上の写真の入り口ではなくて、フンヴオン通り Hung Vuong St沿いのこの下の写真の入り口から入るべし。
d0280781_2283536.jpg

この入り口から入って20メートルくらい行く。その際の目の前の景色はこんな感じ。
d0280781_2324535.jpg

右手には果物屋さん、
d0280781_235191.jpg

左手には乾物屋さん、
d0280781_2363798.jpg

という位置の、その左手の乾物屋さんに向かって右側のこういう通路を入る。
d0280781_2381191.jpg

入ってすぐ、左下方向に毛糸の重なりが目に入るはず。
d0280781_240464.jpg

それが毛糸屋さん。
d0280781_2462323.jpg

しかも売り物の主体が毛糸という、正真正銘の毛糸屋さん。
狭い敷地にとにかく毛糸が堆く重なり合っている。
d0280781_2483049.jpg

d0280781_249284.jpg


d0280781_2521069.jpg

価格は、アクリル100%が一玉10,000VND、約50円。
d0280781_2551350.jpg

コットンやウールが入っていると若干高くなって、50,000VNDから100,000VND、約255円から510円。
d0280781_314510.jpg

d0280781_333730.jpg

上方の値段はバンコクの値段に近いので、あえて買う気分になれず。
れっきとした毛糸屋さんを発見した、ということでよしとする。

看板にあるのは、お店の名前や電話番号かな。
d0280781_14561231.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-02-27 03:08 | 世界の毛糸屋さん

ダナンの手芸用品店

ベトナムの京都フエでは毛糸屋さんを発見できなかった不器用者。
フエから最寄りの空港がある町ダナンには毛糸屋さんはあるか、と探索に出る。
ダナンはフエから車で2時間ほどかかるが、フエよりは大きい町で、大型ディスカウントスーパーBig Cまであるくらい。

ダナンにはハン市場コン市場という二つの市場があり、同じ通り(フンヴオン通り Hung Vuong St)にあるのであるが、まず訪れたハン市場では毛糸屋さんは発見できず。
で、コン市場を目指す。
その道すがら、なんと手芸店を発見。
Hung Vuong 通りとDuong Chi Lang通りの角にある、こんな看板のお店。
d0280781_25431.jpg

店内は雑然としていて、手芸店かどうか一瞬では分からない感じ。
d0280781_2112220.jpg

d0280781_2133676.jpg

近づいてみると、並んでいる、あるいはぶら下がっているものが手芸用品であることが確認できる。
縫い糸。
d0280781_2181669.jpg

d0280781_2192775.jpg

ビーズ。
d0280781_2211623.jpg

d0280781_2232375.jpg

ファスナーはYKKならぬHKKというブランド。
d0280781_225998.jpg

d0280781_2261590.jpg

ボタンとスパンコール、さらにリボン。
d0280781_2281197.jpg

d0280781_2303881.jpg

d0280781_2324577.jpg

お気づきのように、なぜか毛糸はありません。
毛糸は無いが、しかし、マクラメ糸があった!
この棚の一番下の段。
d0280781_2353075.jpg

この棚のアップ。
d0280781_2364575.jpg

バンコク手芸部で最近Kさんから教わるまで、マクラメ糸というものの存在を知らなかった不器用者。マクラメ糸でひたすらバッグを編み続けるKさんがいらっしゃらなければ、この手芸店でマクラメ糸に目が行かなかったであろう。しかもKさん一家はベトナムからタイに転勤していらした、という背景を思い起こし、そっかあ、マクラメ糸はベトナムね、とダナンの手芸店で何だか納得した気分になった不器用者であった。
Kさん、ありがとう!
d0280781_2515186.jpg

このマクラメ糸、お店の人によれば400グラムで40,000VND、約200円、約64バーツ。ここまで低価格になるとそう大差ないとも言えるが、500グラム100バーツのバンコクより安いのは確か。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-02-24 02:53 | 世界の毛糸屋さん

フエの編み人さんたち

月曜日はタイでは国民の祝日。

土日から続いて三連休ということで、若かりし頃本屋で立ち読みした写真集で見て以来、いつか是非行きたいとずっと思っていたベトナムのフエにやってきた。
1945年に滅亡した阮王朝の首都だったところで、今となっては世界遺産。

ずうっとずうっと行ってみたいと思っていたところに実際に来る、というのは、それだけでなんとも達成感がありますな。
夢を叶えた、みたいな。
しかもフエ、実際に来てみれば大変興味深いところで、今回は駆け足訪問だったが、次回は是非もっとゆっくり滞在したいと思っているところ。

さて、そのフエにはドンバ市場という市場があり、市場に行けばとりあえず毛糸があるだろう、と足を向ける。
d0280781_283743.jpg


市場は二階建てで、二階には布地屋さんが沢山並んでいるのだが、毛糸は見当たらず。
一階の雑貨屋さんが並ぶゾーンや文房具・おもちゃ屋さんが並ぶゾーンにも見当たらず。
一階の奥の一角ではミシン糸屋さんが何軒か並んでいるのを発見し、色めきだったが、そこにも毛糸は無い。
なんだあ、この市場には毛糸は売っていないのか、がっかりと思いながら、それでは今回荷物に入れるのを忘れてしまった帽子を買おう、と帽子屋さんが並ぶゾーンに行ってみる。
すると突然、そこには編み編みをする人が。
d0280781_2171777.jpg

ご覧の通り、この方、帽子を編んでいるのです。
素早い手の動き、カメラの焦点が合わない。
d0280781_2184016.jpg

さらにこのお店の角を曲がると、なんとそこにも帽子を編むお方が!
d0280781_220750.jpg

編んだ帽子は売り物としてきちんと並んでいる。
d0280781_2215879.jpg

作品/売り物を被って見せて下さった。
d0280781_225158.jpg

そして上の写真のバックにも見えるように、さらにもうお一方、編み
ラーさんが。
d0280781_2265535.jpg

この方の作品。
d0280781_228839.jpg


毛糸はどこで手に入るのか、と聞いたら、自分が使っている毛糸の袋を出してきて、「いくらで買う?」と聞いてきた。
この瞬間、ドンバ市場で毛糸屋さんを見つけるのを諦めること確定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-02-22 02:38 | その他耳寄り情報
Ingunn Santini さんのお店Sophie and Me 編み底付きの室内履きパタンを発見した不器用者であるが、どうもSplit Single Crochet (SSC)という編み目と相性が合わない。
ふとSophie and MeのEtsyのお店を見ると、編み底がついている履き物系が色々とあることに気付く。
その中でも目を惹かれたのがラフィアのスリッパ
ラフィアで帽子やバッグは編んだが、スリッパを編むことは考えたことがなかった。
しかし、暑い国ではラフィアのスリッパ、なんとも心地良さそうではないか。
デザイナーのIngunn Santini さん、さすがヨーロッパでは暑い国イタリアのお方です。

写真に出ている作品はどれもかわいいし、つま先の部分は普通の細編みのようだし、久しぶりに夏糸を消化できるし、このラフィアのスリッパを編んで、編み底を付けてみよう、と思う。
で、パタン購入。
編み底は先日買ったので、スリッパ本体のパタンだけ。5.72ドル。
ダウンロードして、普通の細編みであることを確認。

ラフィアはどれにしようかな、以前セールの際に毛糸Zakkaストアーズで買ったその名もラフィアが何色かあるのであるが、その中から今回はこれ、色番86にする。
d0280781_3455483.jpg


細編みのつま先部分を編んで、長編みと鎖編みの格子模様に入ったところ。使用針はサイズ3.5ミリ。
d0280781_3475755.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-02-19 03:52 | 靴下・スリッパ
一昨年のクリスマス前にかぎ針編みスリッパの底の件で大変苦労をした不器用者であるが、編んだ本体に編んだ底をつけるかぎ針編み室内履きの編み方レシピをEtsy 上で発見。
残念ながら有料。
本体はここ。5.77米ドル。
底はここ。5.77米ドル。
本体と底共に買うならここ。9.23米ドル。
イタリアはローマにお住まいのIngunn Santini さんという方の作品。Etsy のお店Ravelry のお店から見ると、かぎ針編みの履き物系が特にお得意のよう。

底まで編んでしまうとはすごい、と早速購入し、早速始めてみることに。
二本どりにして7ミリのかぎ針で編むと書いてあるが、7ミリのかぎ針は持っていないので、6ミリ。
糸はドイツのメーカーWolle Roedel の定番シリーズMille Fili コットン100%の色番5940。
d0280781_19212923.jpg


で、編み方を読む。
「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目一め、そのあと細編み6目。
「わ」を引き締める。
立ち上がりの鎖には引き抜かないで、そのまま最初の細編みに針を入れ、二段目に移行。
そして、前段の細編みそれぞれにSplit Single Crochet (SSC)を二目づつする、と書いてある。
Split Single Crochetって何?と調べてみたところ、普通の細編みと違う所に針を入れて細編みをする編み方らしい。
動画は例えばAnnie's Craft Storeこのページをご覧ください。動画の下に大きな図もついているので、わかりやすいかも。

棒針編みの表目みたいな効果の編み目になり、また普通の細編みよりも編み地が厚くなるので、バッグやスリッパ等の小物に合っているらしい。

ふむふむ、そうか、と思って始めてみたのだが、二本どりなのでどの糸とどの糸の間に針を入れたら良いのかよく分からない。
で、さらに二段普通の細編みで編み、目がはっきりしてきた四段目からこのSSCをやってみた。
針を入れるところは見えるようになったが、この細編み、かなり編みにくい。針が太いこともあるだろうが、針を入れる部分がきつく、ぐっと力を入れる必要がある。従って、時間もかかる。
なるほど、編み目がなんだか真っ直ぐに並ぶ感じはするが、こんな苦労をしてまでこのSSCで編む必要があるのだろうか。
どうしよう、と思案中。
d0280781_1922185.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-02-14 19:24 | 靴下・スリッパ
花モチーフ編み込みスヌード、少しづつ編んでいるのではあるが、まだまだまだまだ。
やはり巻き物はきついなあ。。。
さて、そんな中昨日、昨年オープンしたモール Emquartier で偶然発見したのが、タイのファッションブランドSodaによる編みモチーフ使いのコレクション。
d0280781_18104359.jpg

このウィンドウに足を伸ばして座っているマネキンが着ているもの、近づくとかぎ針編みのモチーフが付いている。
d0280781_18114476.jpg

d0280781_1813164.jpg

隣の壁にもかぎ針編みモチーフをアップリケにしたトップ。
d0280781_18475331.jpg

d0280781_18485982.jpg

さらに足を一歩踏み入れると、目の前のラックにもかぎ針編みの花モチーフを袖にあしらったコートが。
d0280781_1815518.jpg

d0280781_18161595.jpg

d0280781_18171464.jpg

お店の奥には同じ発想のTシャツ類が下がっている。
d0280781_18183724.jpg

お店入って左手の部屋にはドレス類が下がっていて、ここにもかぎ針編みモチーフ。
d0280781_1820249.jpg


Soda というのは、ミナ・ナンタクワーンさんというタイ出身デザイナーが1970年代に始めた老舗ブランドで、サイケデリックなデザインが特徴らしいが、そのブランドが Urban Nomads というシリーズを始めたようで、中央アジアをイメージしている感じ。
Emquartier で昨年11月に催されたUrban Nomadsファッションショーの様子の動画。この動画の中でも、ところどころに編みモチーフが登場する。

https://youtu.be/1gDeB98aZdY

今のところUrban Nomadsがあるのは Emquartier のみのようである。
お店はGlass Quartier という建物の一階(BTS直結フロアM階の一階上)で、Helix Quartier からの通路を渡ったところ左手にある。

d0280781_18453822.jpg


Soda Urban Nomads
1F Emquartier
最寄駅:BTS Phrom Phong プロンポン
電話:+66 2 0036624

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-02-07 18:50 | その他耳寄り情報
先週末の手芸部で編んでいた花モチーフ、その後の報告。

昨年、編み上がって一ヶ月しない内に失くした花モチーフのネックウォーマーの代わりを編んでいるのであるが、お揃いの帽子と共に身につけると花モチーフが超しつこいので、今回は花モチーフを数カ所だけに散らせたデザインのスヌードを編もうと思う。
花モチーフを編み込みながら模様編みをしていくので、若干面倒。
d0280781_1647524.jpg

今のところ花モチーフは4枚くらいでいいかな、と思っていて、現在は3枚編み入れたところ。これから先は黒の模様編みを往復して行き、あとモチーフを一枚どこか適当に入れようかな、と思っている。

模様は引き上げ編みとシェル編みの模様で、かぎ針編みパターンブック300の159番の模様。
引き上げ模様の縦のラインとモチーフのはいだ部分の連携にどうも失敗。。。
d0280781_16493788.jpg

ま、自分のものだからいいや。

使用毛糸は、ずっと以前ユザワヤで袋買いした一玉25グラムのベビーアルパカ100%。
d0280781_16502669.jpg

花に使用しているのはフランスのブランドBouton d'Or のもので、リネン30%、ウール70%のPerenne の色番552。
d0280781_16512845.jpg


使用針は2.5ミリ。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-01-31 16:52 | 巻き物
今日1月24日日曜日、バンコク手芸部、2016年初の部会が催されました。
今回集まったのは、スクンヴィット・ソイ39とソイ49を結ぶフジスーパー3号店がある通りソイ・プロムシーにあるStoryline というカフェで、Kさんが見つけて下さったお店。
d0280781_124496.jpg

外から見ると、ちょっとカフェとは気が付かないかも。
d0280781_1264121.jpg

中に入ると、二人がけから10人もかけられそうな大きなものまで、様々なサイズのテーブルがあり、学生さん達がワイワイ集まって宿題するのにいい感じ。
d0280781_1284026.jpg

最近のカフェによくある中二階。が、ここはソファの代わりに勉強机!
ちょっと図書館みたいな風情。
d0280781_1305970.jpg

この中二階の4人がけ正方形テーブルに陣取りました、と言うか、そこしか空いていなかった。。。

さてバンコク手芸部、今回は残念ながらSayaさんはお仕事。Kさん、Makiさん、Yさん、そしてBkyo者の四人が集まりました。

Kさんはまたマクラメ紐でバッグですが、今回はピンク。
d0280781_1425870.jpg

色違いでこんなにかわいいバッグシリーズ製作中。皆で「これは売れる!」と大騒ぎ。
d0280781_1441512.jpg

ところで前回情報訂正。このマクラメ紐、バンコクの中華街で一袋500グラムがたった100バーツ(330円)で手に入るそうです。
d0280781_1455172.jpg


Kさんは前回の続きでゴルフクラブのヘッドカバー。ゴルフクラブって何本もあるから、大変。。。
d0280781_1471931.jpg


Makiさんは、日本の素敵な編み編み本を見ながら、何を編もうかと思案中。写真左下に見えるかわいいかぎ針入れは、スリランカで手に入れたそうです。
d0280781_148375.jpg

あれやこれや悩んだ末、四角いモチーフを編み始めたMakiさん。糸はアソーク駅近くにある昔ながらの手芸店 Twee Shop でお買いになったそう。
d0280781_150347.jpg


昨年からの課題を先日仕上げたBkyo者は、また次の昨年からの課題を始めることに。
昨年の正月に東京で失くした花モチーフづかいのネックウォーマー同じ花モチーフの帽子を編んだ後、なかなか巻物の方に手をつける気持ちにならなかったのであるが、以来一年たった今、ついに始める。
d0280781_1595444.jpg

上の写真右に見えるのは、昨年夏に東京で買ったビーズ通し。
ビーズ針の存在は、バンコク手芸部に以前いらしていたビーズ編みの達人Mariさんから教わりました
いやあ、お陰様でビーズを糸に通すのが大変楽になりました。Mariさん、ありがとうございます。

とりとめのない話をしながら手を動かしているうちに、あっという間に二時間半。
皆で集まって編み編みをすると、なんだか心が和んで前向きな気持ちになることを再確認した日曜日でした。

バンコク手芸部、参加ご希望の方は、このブログのコメント欄にメールアドレスを添えてご連絡下さい。追って詳細をお知らせします。頂いたコメントは非公開にしますので、ご心配なく。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
# by bkyo | 2016-01-25 02:15 | 編み編み会