大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

タグ:シルク ( 25 ) タグの人気記事

定期健康診断に行ったら、一年前より4キロ体重が増えていたことが発覚した不器用者。
いやあ、びっくりした。
買った時にはゆるゆるだった古着ジーンズが最近ちょうどいいので、なんだか変だとは思っていたのだが、それにしても4キロとは。
お医者さんに「ダイエットして下さい」とさくっと言われました。。。
しかし4キロ減らすのはかなり大変。今日から努力するしかない。いやはや。。。(と書きながら、東京から持って来たおいしいバームクーヘンの最後の一片を口にする。)

さて、今回ご紹介するのは、12月に行ったラオスの首都ヴィエンチャンで発見した草木染めコットン糸とジャングルつる糸。

ヴィエンチャンはメコン川ほとりにある、風情のあるこじんまりとした街。バンコクのような高層ビルや大渋滞する高速道路もない上に、バンコクより北に位置しているので、はるかに過ごしやすく、バンコクから訪れるとホッとした気分になる。
そんなヴィエンチャンにある手作り民芸品のお店Saobanにお土産を買おうと訪れたところ、おおっ、店の入り口にコットン糸のクリスマスツリーが。
d0280781_16362996.jpg

色合いからして、おそらく草木染めであろう。
d0280781_16385974.jpg

d0280781_1641756.jpg

雪に使われているコットンは、産地直送風、正真正銘の綿。
d0280781_1644989.jpg

シェムリアップで見たような、草木染めのシルク糸も。
d0280781_16462936.jpg

店内には草木染めの説明もある。
d0280781_1653883.jpg

玉ねぎの皮とか、
d0280781_16545192.jpg

ジャックフルーツの木とか。
d0280781_16565981.jpg

こうして染められた糸で織られた作品の数々。
d0280781_1703139.jpg

これらの草木染め糸で織られた作品さんたちは売り物なのであるが、残念なことに店内に置かれている糸さんたち自体は、売り物ではないのです!
という訳で、手に入れることはできず。

さらに奥に入ると、今度は色とりどりのジュートみたいな糸玉さんたちが目に入る。
d0280781_16303666.jpg

d0280781_1733961.jpg

お店の人に聞いてみたところ、ジャングルつる(jungle vine)と地元の人たちが呼ぶもので、もともとはラッピングをする際のリボンとして使おうと思って準備したらしいが、売ることにしたらしい。
面白そうなので、買ってみた。
一玉25000キープ、約361円。
d0280781_17124458.jpg


お店の門構え。
d0280781_17183493.jpg


Saoban
Chao Anou Road, 97/1 Ban Watchan,
Chantabouly, Vientiane
Lao PDR
http://www.saobancrafts.com/
Tel: (+856 21) 241835
開店時間:午前9時から午後8時まで。日曜定休。
お店の場所の地図はここ

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-01-10 17:19 | 世界の毛糸屋さん
シェムリアップ、次は伝統手法で手紡ぎ草木染めシルク糸で絹織物を作っているInstitute of Khmer Traditional Textiles、日本語で クメール伝統織物研究所
友禅染め専門家の森本喜久男さんにより、1996年に設立されたらしい。
実はここを目指して訪問したのではなく、半日ツアーの最後にガイドさんに「シルク糸を作っているところに連れて行ってくれ」と頼んだら、この場所の前で車を降ろされた。
d0280781_0401389.jpg

中に入ると、目をみはるような大変美しい日本人(と思われる)女性がしずしずと現れ、突然の訪問に嫌な顔もせず、丁寧に案内をして下さった。
ここでは、糸が染められ、
d0280781_1291394.jpg

d0280781_128224.jpg

d0280781_1244069.jpg

d0280781_126328.jpg

糸がきれいに巻かれ、
d0280781_1305787.jpg

d0280781_132104.jpg

d0280781_134163.jpg

織物が織られている。動画をどうぞ。


この方は、織られた布の縁取りをしている。
d0280781_1382060.jpg

これは染料に使われた草木類。
d0280781_1364557.jpg

研究所では、こうして伝統手法で織られた布が展示されている。
d0280781_1421894.jpg

染料の説明も。
d0280781_149597.jpg

d0280781_1512549.jpg

d0280781_1531241.jpg

ここの織物でできた製品も売られている。
d0280781_1474287.jpg

この研究所で作られた絹糸の棒針編みスカーフ・マフラー。
d0280781_1551062.jpg

そしてその隣に、なんとなんと、手編み向けの絹糸が売られている!
d0280781_1564172.jpg

d0280781_1574259.jpg

二本買いました。ラック・カイガラムシの巣で染めたもの(だと思う)。
d0280781_21741.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-12-21 02:02 | 世界の毛糸屋さん
スランプ状態だったタイシルクコットン糸で編む靴下。
フラックスKでラリエットを編んだ達成感に乗って、悩んでいた模様のヴィジョンが開けた。
これ。

以前購入した「手編みのあったかくつした」(ブティック社)から、表紙左下の靴下の模様。
表編みで5段、裏編みで2段、を繰り返すだけ。
d0280781_2191693.jpg

アップ。
d0280781_2203516.jpg

d0280781_2215733.jpg

テクスチャーのある多色糸なので、こういうシンプルでかつ立体感のある模様がいいかも、とトライしたのだが、その目論見通り、糸の太さと色の変化が、表編みと裏編みの凹凸と相まって、不規則で面白い動き出る感じ。

という訳で、今回はこれで行くことにする。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-13 02:25 | 靴下・スリッパ
初のコットン糸で編む靴下
ワクワクコットンで編んだつま先が終わり、メインに使うタイシルク30%入りの手紡ぎ風コットン糸に入る。
このタイシルク入り糸、レース糸と表示にあるので、では何か簡単なレース模様にしてみようか、と考え、風工房氏の棒針模様集を眺める。
まず選んだのはレース模様13番。
これを編み始めたのだが、どうも模様がはっきりと出てこない。
編み方が間違っているのかと思い、糸をほどいてやり直したが、それでも模様がはっきりしない。

そこで次に、同じ本からレース模様17番をトライ。
今度は、模様は出てきたのであるが、でも、こんなの。
d0280781_1912196.jpg

d0280781_19122812.jpg


本の写真だと、こういうの。
d0280781_19125498.jpg


なんか、違うものみたい。。。これは糸のテクスチャーが違うからかなあ。

足裏側はただのメリヤス編みで、手紡ぎ調の糸のはんなりした感じが出ている。
d0280781_19142025.jpg


またほどいて、別のレース模様にするか、それとも全部メリヤス編み?(でもそれもつまらないし。。。)

どうしよう。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-07 19:17 | 靴下・スリッパ
初の模様の入った靴下(ただのガーターリブ編みだけど)を編み終わった不器用者。
次はどんな「初」靴下にしようかな、と色々と考えた末、林ことみ氏がご著書「手編み靴下研究所」で「編みやすさという点で一番のおすすめはコットン」とおっしゃっていたのを思い出し、コットン糸で編んでみることにする。
取り出したるや、以前、バンコクのThe Loom というお店で手に入れたFusilli-30という糸で、タイシルク30%、コットン70%。一玉25グラム、約140から180メートル(これまでになく幅のある表示にちょっとびっくり。。。)。
d0280781_3315341.jpg

二玉を巻いてみた。太さが不規則で、まるで手紡ぎのよう。
d0280781_339324.jpg


つま先やかかとには、在庫にあった毛糸Zakkaストアーズのワクワクコットン、色番13。コットン100%で、一玉40グラム、約101メートル。
d0280781_3403190.jpg


これをaddiの3ミリの輪針で両足同時編みし、つま先まで編んだところ。
d0280781_3422137.jpg


作り目はそれぞれの足24目で始め、左右増し目をしながら、それぞれの足48目(各足各針に24目)になるまで編んだ。
両足同時編みの際の作り目の仕方は、不器用者のこの記事をご覧下さい。
つま先の編み方は、この記事をご覧下さい。

いやあ、ワクワクコットン、棒針でも大変編みやすい!
おかげでここまで難なくできた。
次の段から糸をタイシルク入り糸にするのであるが、手にとってみると、糸の細いところがかなり細いので、針を2.5ミリサイズに替えようと思っているところ。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-05 03:45 | 靴下・スリッパ
Wollmeise の毛糸の記事に多くの方がアクセスして下さったようで、うれしいと同時に驚いている不器用者。
人気があるという噂は耳にしていたが、ここまで人気があるとは知らなかった。。。
実際に手にしてみると、その鮮明で濃い色に病みつきになる人が多いのも納得。

さて、次に手に入れたのは、これまたドイツの毛糸ブランド Zitron の手染め毛糸。
先日訪ねたハイデルベルクのニットカフェにはなかった Trilogie をドイツのネット毛糸ショップから購入。
d0280781_0393478.jpg

ウール75%、シルク15%、リネン10%という面白い素材構成で、触った感じは、ふわふわしていると同時にカサっとしたリネン感があり、シルクが光沢を出している。
一カセ100グラム、約400メートル。推奨針サイズは2.5から3ミリ。

色番8のIrlandia
d0280781_0421198.jpg

d0280781_043261.jpg

色番3のBohemia
d0280781_0585881.jpg

d0280781_0574933.jpg

色番6のGemania
d0280781_0545758.jpg

d0280781_0563386.jpg


不器用者は、ヨーロッパ諸国にしか配送しないお店から手に入れたのだが、調べてみたら、日本でもTrilogie を扱っているお店が!
靴下の毛糸やさん atti's Socks Shop 
こちらのお店から、Trilogie も含めZitron の毛糸が色々と手に入るみたい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-06-05 01:17 | 編み糸
バンコクにはショッピングモールが星の数ほどある。
なので、それぞれのモールをいちいち下から上まで見て回る、ということはしたことがない。
エカマイ駅のすぐ横にあるゲートウェイというモールも、頻繁に訪れるのであるが、ダイソーのある2階より上に行ったことがなかった。

それが先日、どういう訳かその上の階まで登ってみた不器用者。
そうしたら、The Loom というお店を発見。
d0280781_0303364.jpg

名前の通り、店の前に織り機が置いてある。
あれ、これって、以前トンロー通り ソイ13で織物教室をやっていたお店と同じかしら、と入ってみる。
案の定、loom、織り機が幾つも置いてあり、女性が一人機織り中。
d0280781_0323714.jpg


壁一面の織物用のシルク糸は、まるでアート作品。
d0280781_0344372.jpg

d0280781_0354964.jpg

この棚も全部織物用の糸。
d0280781_0365224.jpg

数々の織物の作品が展示されている。
d0280781_0375086.jpg


さらになんと、手編み用のシルク糸も売られているのです!
d0280781_0393484.jpg


様々なシルク編み糸の詳細はこのページをご覧下さい。
全てタイ製。
だいたいシルク100%だが、コットン混も何種類かある。
d0280781_0413478.jpg

d0280781_042373.jpg

d0280781_044348.jpg

d0280781_0451614.jpg

d0280781_0461718.jpg

全部一玉25グラムで、お値段は一玉150バーツから350バーツ。
d0280781_0471830.jpg


決して安くはないが、初めて目にしたタイ製のシルク編み糸。
靴下編み修行中の身、シルクとコットンの靴下なんてどうかしら、と思って、一番安いFusilli-30、シルク30%、コットン70%、一玉150バーツを4玉、計100グラム購入。
d0280781_0493075.jpg


The Loom
Gateway Ekamai Shopping Mall 3階
(BTS駅 Ekamai , Exit 4)
Tel : 088-450-8886, 081-834-0447
開店時間:毎日午前10時から午後7時まで。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-04-01 00:55 | 世界の毛糸屋さん

絹和紙を編み切る

前回、まだ残っていたリッチモアの絹和紙
ミニかごをあと二つ編んだら、とうとう終わった。
編んだのは、二つともモス編み模様
d0280781_11491728.jpg


色の組み合わせを若干変えてみただけ。
こういうのと、
d0280781_11495586.jpg

こういうの。
d0280781_11503166.jpg


モス編みって、多色にさえすれば、何色を使っても面白い仕上がりになるみたい。
便利な模様だわあ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-11-16 11:53 | 雑貨
暑い国に帰って来たので、ミニかご編みに戻る。
リッチモアの絹和紙、色合わせの難しい色番8の続き。

前回の実験で、赤とオレンジを合わせるのがかわいい感じだったので、その二色を差してさらに編んでみる。
編み易い糸なので、どんどん編んで、三つできた。
d0280781_945511.jpg

赤の糸はリネンで、毛糸ZakkaストアーズのSmokyわーるど、色番11。
オレンジの糸はヘンプで、これも毛糸Zakkaストアーズで買ったワイルドライフ、色番18。

細いリボンを通したみたいになる引き上げ編みの模様で二つ。
赤が上、オレンジが下。
d0280781_9531965.jpg

オレンジが上、赤が下。
d0280781_9541987.jpg

赤が上、オレンジが下の方がはっきり締まった感じになるので、その順番でスパイク編み模様
d0280781_956286.jpg


これで、絹和紙色番8三本どりで六つもミニかごを編んだことになるが、まだこの糸あるよ。。。(ため息。。。)

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-11-14 09:58 | 雑貨

色合わせに苦戦中

いくつ編めるのか分からないが、相変わらず糸は売るほどあるから、とりあえずミニかご編みを続ける不器用者。
雑貨ジュートを編み尽くしたので、次の糸は、リッチモアの絹和紙、色番8。何年も前、パリで編み物を始めた頃に買って、その当時既に廃番だったもの。
d0280781_2291419.jpg

絹62%、紙38%という高級品で、とても編み易い糸なのだが、いかんせん色が難しくて、今まで残ってしまった。かごにちょうど良さそうな風合いなので、今こそ、と取り出す。

でも、やはり色合わせが難しい。。。
感じがどうもよく分からないので、細編み交差の模様でとりあえず三種類試してみた。
d0280781_2402428.jpg

絹和紙1玉25グラム、約95メートル、これを3本どりにして編んだ。(編み尽くしたい思いがあからさま。。。)
かぎ針は相変わらず3.5ミリを使用。
赤が一番合うだろうな、と思い、三つそれぞれにSmokyワールドの赤を模様部分に入れてる。

まずは、無難に茶色かな、と思い、毛糸ピエロのラミー100のこげ茶を二本どりにして入れてみた。
d0280781_2411863.jpg


今ひとつピンとこないので、もっとはっきりした色がいいかな、と、ヘンプ糸ワイルドライフのオレンジ色を入れてみる。
d0280781_2421814.jpg

なかなかかわいい。

次に、赤でライン部分をして、緑で細編み交差編みをしてみる。
d0280781_243977.jpg

やはり、絹和紙のこの色に直接合わせるのは、赤が一番いいみたい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-11-05 02:45 | 雑貨