大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

パリ編み編み会集合!

不穏な空気の中でイースター週末を迎える欧州にいる不器用者。
先の日曜日は、久しぶりにパリ編み編み会に参加。
パリ編み編み会2011年2月の初会合以来会場に使っていた4区のカフェは、何だかサービスがひどく悪くなったということで、前回からその隣のカフェに移動したということ。
ということで、今回もその隣のカフェに集合。
ケーキやお茶の種類は以前のカフェには負けるとは言え、なかなか居心地の良い空間で、ウェイターの人もフレンドリー。何より、全面の壁に並ぶ本棚が、長居していいよ、という雰囲気を醸し出していて、編み編み会にぴったり。
全部で6人集まりました。

今回は、バンコク手芸部を共に立ち上げたAyaさんが日本にしばらくお帰りということで、そのお別れ会も兼ねた集まり。
そのAyaさんが登場した時にお召しになっていたのは、エッフェル搭の模様のショール。普通の毛糸にラメ糸を合わせて二本どりで編んだということ。
d0280781_0172815.jpg

著名な編みデザイナー三國万里子さんの、これまた有名なデザインのようで、Ravelry でもShawl "Tower Eiffel" By Mariko Mikuni として登場。その情報によると、2011年出版の「きょうの編み物」(文化出版局)に掲載されているということです。
そのAyaさん、会ではこんな色のセーターを編み編み。
d0280781_051611.jpg


今回は遠方からの参加者が不器用者以外にもいらっしゃって、東京からいらしたYukiさん。
最近清里で催された、これまた著名な編みデザイナー林ことみさんプロデュースの三日間ワークショップに参加なさったそうで、その錚々たる講師陣に皆で驚愕。さすが編み編み先進国日本。
詳細はこのちらし(pdf ファイル)をご覧下さい。
Yukiさん、そこで入手したという様々な情報をシェアして下さり、皆でへえ、ほお、とまるではるか彼方の異国から帰ってきた人の旅の話を聞くが如く、全身を耳にして聞き入りました。
そのYukiさんが編んでいるのは、以前京都の洋裁カフェ柴洋の店先で買ったというリネン糸でコサージュ。
d0280781_151813.jpg

へえ、京都にはそういうお店があるのねえ、さすがねえ、とまた皆で感心。

編み編み会は久しぶりというTomiさん、こういう本を紹介して下さる。
d0280781_2272066.jpg

拙ブログでこのデザイナーさんのことを知った、Tomiさんがおっしゃるのだが、どうもピンと来ない不器用者。本の中を見て、ああ、と思い出したのは、この記事。ヘルシンキ出身のMolla Mills さんデザインのクラッチバッグの編み方レシピが出ていたイギリスの新聞記事を紹介したもの。
本に紹介されている、様々なMolla Millis さんの作品、スカンジナビアっぽいシンプルすっきりデザインで、とても興味深い。皆で回し読みしました。
Tomiさんは、この本からかごバッグを編み編み中。
糸は今流行りのHookedのTシャツを引き裂いたみたいなリサイクル糸。
d0280781_2282661.jpg


週末パリ編み編み会をコーディネートしているMaman Mia さん、パリのアウトレット毛糸屋さんCat'Laine で購入したKatia のAztecaを編み始めようというところ。メガネの色とお揃いということでお店の人が勧めてくれたということ。
d0280781_119376.jpg

うー、この毛糸、暑い国でも売っているけど、すごく高い。。。(拙ブログの記事によると、一玉520バーツ、約13ユーロ。) いいな、これがアウトレットにあるなんて。
さてMaman Mia さん、編み始めようと思ったのは良いが、毛糸玉が一つ混乱していて、解きながら巻き直す必要があることが発覚。編み編み会の間にやっと巻き直し完了。
d0280781_1235160.jpg


ここでMaman Mia さん、この糸でこういうセーターを編もうと思うのだけど、と今は亡き雄鶏社の古い編み物本「ブラック&エクリュ 了戒加寿子のニット 」(初版昭和62年!)を取り出す。
d0280781_2452621.jpg

不器用者が超好みのレトロなデザインのセーターで、素敵!と感嘆する一方、段染めの糸はもっと単純なものが良いのでは、という助言も出て、そこで登場したのがYukiさんが某所で撮った他の観光客が着ていたセーターの写真。その写真のセーターがシンプルだけど気の利いたデザインで、これまた皆で大騒ぎしながら回し見をしました。

師匠Ayuさんは、コットン糸で花模様のネット編みの袋を編み編み中。
d0280781_2534175.jpg

さらに手作りのお土産まで下さいました!
こんなポーチ。
d0280781_2545895.jpg

中にはユーロコインやお札のチョコレート。
d0280781_256889.jpg

Ayuさん、どうもありがとうございます!

不器用者は相も変わらずスヌード。そうこうしているうちに、春分の日を迎えてしまった。。。
d0280781_5462366.jpg


いつ行っても、まるでつい先日参加したかのように、すぐにアットホームな気分になるパリ編み編み会
そして、こうしていつでも戻れる場所があることのありがたさ。
しみじみと大感謝。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-25 03:00 | 編み編み会
連日のパリ関連記事投稿。
昨日報告したパリ編み編み会のあった日曜日、7区の通りrue de Bellechasse をオルセー美術館から南方向へ歩いていると、突然糸とりどりの毛糸クズの山が目に入る。
d0280781_134371.jpg


基本的に不器用者は下を向いて歩いているということですね。
今でこそパリの通りもきれいだけど、前世紀のパリの道は、犬の糞だらけだったのですよ、とほほ。
そして昨今は、歩道がガタガタの某暑い国にある大都市に住んでいるのですよ、とほほ。
そういう所に長年暮らしていると、自己保全のために、歩く時には下を向くのが習慣となってしまう訳ですね。

さて、毛糸クズの山に戻る。
おおっ、これは何だ、と目を上げると、そこにはLa Clinique du Tapis 絨毯クリニックと書かれている。
d0280781_136533.jpg


そうか、古くなった絨毯のお直しをしているのね。
察するに、細くて大変そうな仕事である。

日曜日のこの日は残念ながら閉店中。
が、ありがたいことにお店のサイトには動画もあり、その手仕事の様子や美しい絨毯やタペストリーを目にすることができる。


お店の門構え。
d0280781_1395133.jpg


開店時間は月から土まで、午前10時から午後1時半までと午後2時から午後8時まで。
d0280781_141178.jpg


La Clinique du Tapis
25, rue Bellechasse
75007 Paris
http://www.lacliniquedutapis.com/


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-11-12 01:44 | その他耳寄り情報
各地への旅が続き、ブログアップデートが滞り続ける不器用者。
そのような中、実は十日前の日曜日、何年ぶりかでパリ編み編み会に参加していたのです!
以下、その時の模様。

日曜日の午後3時、いつものカフェに4人集まりました。
Maman Miaさん、Ayaさん、Ayuさん、そして不器用者ことAB。
ABにとっては恐らく2013年4月会合以来のパリ編み編み会。いやあ、このカフェ、何も変わっていないなあ、内装はもちろん、メニューも同じ、WiFi のパスワードも同じ、変わっているのは店員さんだけ。

師匠Ayuさんは、セーターを編み編み中。
d0280781_146596.jpg

こういうセーターになる予定だそう。
d0280781_149225.jpg

使用毛糸はBergere de FranceMagic+
d0280781_1502039.jpg

糸が足りないので、この糸も二本どりにして使う予定らしい。Cascade Yarns220 Superwash
d0280781_1513069.jpg

一体どういうツートンカラーセーターになるのでしょう。楽しみ!

Maman Mia さんはコールドに輝く巨大な毛糸玉を編み編み中。
d0280781_211376.jpg

二年前にパリのアーティストの在庫整理セールで手に入れたものということで、重さ1キロあるらしい。
d0280781_223845.jpg

こういう娘さんのセーターを大人用サイズに編んでいるということ。
d0280781_251039.jpg


バンコク手芸部立ち上げに多大な貢献をなさったAyaさんは、その後パリにお戻りになり、同時にパリ編み編み会にもお戻りに。
今回は何か大変複雑なレース模様を編んでいらっしゃる。
d0280781_2102226.jpg

スヌードになるらしい。

不器用者ことABは、今回唯一かぎ針編み。
昨年編んだ*mati*さん模様のスヌードにお揃いの帽子になる予定。
d0280781_2152320.jpg


ところで今回不器用者が感嘆したのは、Ayuさんの手元に置かれていたこの小さいポーチ。
d0280781_158854.jpg

一目見て、羊のショーンだ!とすぐに分かる、そのそっくりさに大感心。
ラヴェリーで見つけた無料パタンだということで、リンクはここ

久しぶりのパリ編み編み会、おしゃべりに花が咲き、気がつくと既に7時近く。
時間を忘れてしまうような、楽しい一時を過ごしました。
Maman Mia さん、Ayaさん、Ayuさん、どうもありがとう!

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-11-11 02:24 | 編み編み会
パリの毛糸屋さんは左岸より右岸に多いのであるが、今日紹介するのも右岸にあるお店で、8区はSaint-Lazare 駅のそばのModes et Travaux。
1919年からやっている超老舗雑誌 Modes et Travaux のお店である。
d0280781_8573347.jpg


ユザワヤほど大きくはないが、ユザワヤのような総合手芸店で、3フロアーからなる。
地上階(日本で言うところの一階)は主に刺繍関係と、
d0280781_96595.jpg

d0280781_973428.jpg


パッチワーク用の布。
d0280781_983085.jpg


ミシンも地上階で売っている。

地下の階は、主に布地。
d0280781_9101886.jpg

d0280781_9111941.jpg

3メートル5ユーロのハギレや、
d0280781_9121225.jpg

皮革のハギレもある。
d0280781_9131812.jpg

ボタンやリボンも地下の階。
d0280781_9144927.jpg


肝心の毛糸であるが、上の階。
d0280781_9154871.jpg

階段にはかわいい編み作品が!
d0280781_9172097.jpg


毛糸フロアに置いてあるのは、フランスの誇る二大ブランド Anny BlattBouton d'Or の毛糸だけだが、それぞれのブランドとも様々な毛糸が集められている。
d0280781_918463.jpg

こうして見ると、フランスの毛糸はやはり色が格別。
d0280781_9195536.jpg


色の大波に圧倒されて、不器用者がつい買ってしまったのは、Bouton d'OrのYoga というリネン100%の糸で、色番1236 Virginie と色番1217 Galet。
両色とも、微妙な色合いがたまらない。
d0280781_18363765.jpg

d0280781_18373776.jpg

気持ちとしては、先日買った「さらりと涼しいニットの普段着」のプルに使いたいなあ、というところ。

Modes et Travaux
10, rue de la Pépinière
75008 Paris
日曜定休
最寄り駅:Saint-Augustin、Saint-Lazare

お裁縫のコースもやっているみたい。
d0280781_9252562.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-03-01 09:27 | 世界の毛糸屋さん

パリ15区の手芸店

久しぶりに数日パリに来ているのだが、毛糸屋さんが次々と消えていくパリ左岸で、以前と変わらず元気に続いているお店を確認。

15区北部、エッフェル塔のあるシャン・ド・マルス公園にほど近いところにある、Au fil de joursという名前のお店で、フランスの高級手芸はさみSajou も置いている、れっきとした手芸店。
d0280781_1905024.jpg


ウィンドウに、不器用者も持っている「かぎ針で編むおしゃれカンタン 麻のナチュラルバッグ」のフランス語版が!
d0280781_1913987.jpg


このお店はボタンとリボンのコレクションが大きい。
d0280781_1922229.jpg

壁一面のリボンの棚は、なんと奥三列。
d0280781_1931455.jpg


毛糸棚は大きくはない。。。
d0280781_232567.jpg

が、フランスの有名ブランドのものが集めてある。
Anny Blattの、これはFine Kid というとても柔らかいモヘア糸。
d0280781_2326322.jpg


Bouton d'Or
d0280781_194392.jpg


これはPlassardMÈCHE XXLという最近流行の超極太毛糸で、メリノウール100%。
d0280781_1944093.jpg


FontyBBmerinos、きれいな色のウール100%で、洗濯機オーケー。
d0280781_23303735.jpg


最近アルパカに凝っている不器用者、Plassard がペルーから直輸入したこんなアルパカ毛糸を手に入れた。
d0280781_1964260.jpg


Au fil des jours
2 rue Frémicourt, 75015 PARIS
日月定休。
最寄り駅:Avenue Emile Zola, La Motte-Picquet - Grenelle
d0280781_1973059.jpg


お店の前の道は、現在工事中。。。
d0280781_23404549.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-02-27 19:07 | 世界の毛糸屋さん
パリに数日行っていたのであるが、また衝撃の事実を発見。
前回4月にパリに来た際に、7区にあるデパートLe Bon Marche の伝説的手芸用品売り場が消え去る旨を報告したが、今回はさらに、7区の商店街にある町の毛糸屋さんが消え去ることを発見。
広々とした歩行者天国で有名な商店街 rue Cler の毛糸屋さん
この毛糸屋さんについての不器用者の以前の記事はここ
今回偶然通りかかったのであるが、衝撃の Bail a ceder の貼り紙が。お店の賃貸権が売りに出されているのである。
d0280781_77724.jpg


ちなみに、Le Bon Marche の手芸用品売り場は、現在こんな悲惨な状態。
最後の灯火さえ既に消え失せた感じ。
d0280781_7918100.jpg


パリはどんどん、編み人には生きにくい環境になっているのであろうか。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-07-13 07:10 | 世界の毛糸屋さん
もう既に暑い国に帰って来ているのだが、またパリネタ。
パリ装飾美術館で催されているドリス・ヴァン・ノッテン展に先週行ってきた。ドリス・ヴァン・ノッテンは、言うまでもなく、ベルギー出身の超人気デザイナー。

ご存知のように、世界各地様々な文化の衣装を取り込みながら、独自の世界を追求しているヴァン・ノッテン、この展覧会もとても「可愛い!」とは言えないが、刺激がいっぱい。

個人的お気に入りは、この幾何学模様のドレス。
d0280781_151795.jpg


編み編みで面白いところは、このニットのセーターの模様。
d0280781_1572346.jpg


それから太い毛糸編みのコート。
d0280781_1583775.jpg


これも太い毛糸編みコート。
d0280781_1594931.jpg



「ファッションの都パリ」と言われて久しいが、なんだかんだ言って、今でもパリにはファッションデザインの刺激が一杯であることを、改めて確認。

Dries Van Noten - Inspirations
2014年8月31日まで
Musée des Arts décoratifs
107, rue de Rivoli
75001 Paris
France
火・水・金・土・日 午前11時ー午後6時
木曜日 午前11時ー午後9時
月曜日休館

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-04-23 02:11 | その他耳寄り情報
今週はパリに数日行っていたのであるが、そこで衝撃の事実を知る。
なんと、不器用者が鬼門と呼びながら懇意にしていたパリ左岸の老舗デパート le Bon Marchéの手芸店が、閉鎖されるのである。

縮小されて残念がっていたのはついこの間の二年前、今回はなんと閉鎖ですよ。
縮小の方がまだましだ。

この衝撃の事実を知ったいきさつは。。。
何しろ懇意にしていた店なので、様子を見にちょっと行ってみたところ、La droguerie の出店がなんだか工事中のように閉鎖されている。
あれ、と見回すと、売り場中に50%引きのシールが貼られ、毛糸の棚は空。
d0280781_753517.jpg

どう見ても変でしょう。

先日ロンドンで購入したローワンの夏糸Reviveも50%引き。損したなあ。。。
d0280781_6444916.jpg

リバティの布も50%引き。
d0280781_6453296.jpg


お店の人に、閉まるのですか、と聞いてみたら、そうです、という返事が。
「あちら(la Droguerie の出店があったところ)はもう閉まりました。こちら(毛糸棚のあるところ)も今閉めています。そちら(小道具があるところ)はしばらく残しますが、9月1日までには全部閉めて、le Bon Marchéからは手芸店(mercerie)は完全に無くなります。」
そういう衝撃的な事実を、若い男性の店員さんがよどみなく、デジタル音声を再生したようにスラスラと無表情におっしゃっていた。

あ、そうですか。C'est dommage...(残念ですね)と言って立ち去るしかない。

無くなっちゃうんですよ、あの伝説の手芸店。
うーーん、納得いかない。
一時代の終わりかしらね、なんて悠長なことが言えるレベルでは無い、大衝撃。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-04-18 07:07 | 世界の毛糸屋さん

パリの毛糸屋さんリスト

ついに登場、パリの毛糸屋さんリスト。
不器用者のブログパリ編み編みコミュニティ日記で紹介されたお店をここに一挙掲載。区ごとに並べてみた。

1区

La Droguerie
http://amisparis.exblog.jp/17918351/

住所:9 et 11 rue du Jour, 75001 Paris
電話: +33 1 45 08 93 27
最寄り地下鉄駅:Les Halles; Etienne Marcel
開店時間:
月2pm – 6:45pm
火−土 10:30am – 6pm
http://www.ladroguerie.com


2区

Cat'Laine
http://iknit.exblog.jp/9672432/
http://amisparis.exblog.jp/17757127/

住所:19 rue Saint-Marc
75002 Paris

電話: +33 1 42 96 00 69
最寄り地下鉄駅: Richelieu Drouot
開店時間:
月  12pm – 2pm, 2:30pm – 6pm
火−金 10am – 2pm, 2:30pm – 6pm
土  12pm – 5pm


3区

Entrée des Fournisseurs
http://amisparis.exblog.jp/15540511/

住所:8 rue des Francs Bourgeois, 75003 Paris
電話:+33 1 48 87 58 98
地下鉄最寄り駅: St Paul; Chemin Vert
開店時間:
月2pm – 7pm
火−土 10:30am – 7pm
http://www.entreedesfournisseurs.fr


4区

BHV
http://amisparis.exblog.jp/15405674/

住所:52 Rue de Rivoli, 75004 Paris
電話:+33 1 42 74 90 00
最寄り地下鉄駅:Hôtel de Ville
開店時間:
月−火 9:30 am – 7:30 pm
水   9:30 am – 9pm
木−金 9:30 am – 7:30 pm
土 9:30 am – 8pm


7区

Le Bon Marché
http://bkyo.exblog.jp/19934550/

‪住所:24 Rue de Sèvres‬ 75007 Paris [2階(日本式3階)手芸用品コーナー]
電話:+33 1 44 39 80 00
最寄り地下鉄駅:Sèvres Babylone
開店時間:
月−水 10am – 8pm
木—金 10am – 9pm
土 10am – 8pm

Mercerie Up
http://iknit.exblog.jp/14135157/

住所:14 rue Cler 75007 Paris
電話:+33 1 01 47 05 29 16(?); +33 1 45 50 21 54(?)
最寄り地下鉄駅:Ecole Militaire; La Tour-Maubourg
開店時間:
月—土10am – 2pm, 3pm – 7pm


9区

Le Comptoir
http://iknit.exblog.jp/9746808/

26 rue Cadet, 75009 Paris, France
電話:+33 1 42 46 20 72
最寄り地下鉄駅:Cadet
開店時間:
月2:30–7:00 pm
火−土11am – 2pm, 2:30pm –7pm
http://lecomptoir.canalblog.com


12区

Fil & Laine
http://iknit.exblog.jp/10072233/

住所:43, rue Traversière, 75012 Paris
電話:+33 6 20 45 71 25
最寄り地下鉄駅:Ledru-Rollin; Gare de Lyon
開店時間:
月—水 11am – 7:30pm
木 11am – 8:30pm
水11am – 7:30pm
土11am – 6pm
http://www.kelvitrine.com/paris12/filetlaine


14区

Bonneterie
http://amisparis.exblog.jp/17757127/

住所:77 bis, Rue Didot, 75014, Paris
電話:+33 1 45 42 54 57
最寄り地下鉄駅:Plaisance, Alésia


15区

Mercerie Manatky
http://amisparis.exblog.jp/15337228/

住所:57 rue Lecourbe 75015 Paris
最寄り地下鉄駅:Volontaires; Sèvres-Lecourbe
電話:+33 1 45 67 06 76
開店時間:
月−土10:15am – 2pm, 3pm – 7:15pm

Au fil des jours
http://amisparis.exblog.jp/16281285/

住所:2 rue Fremicourt, 75015 Paris
電話:+33 1 45 75 05 19
最寄り地下鉄駅:Avenue Émile Zola; Cambronne
開店時間:
火—土10am – 7pm


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2013-11-14 00:08 | 世界の毛糸屋さん
2010年正月に編み物をはじめて以来、大変お世話になったパリ7区のデパート、ル・ボンマルシェ。
d0280781_557217.jpg


当時3階にあった手芸店の目のくらむような品揃えの毛糸棚には、しばしば正気を失わされたものであるが、その手芸店、2012年の一月に突然縮小され、2階に移動。以来、ごく普通の手芸店になってしまった。
今回パリを通り過ぎた際、もしかしたらまた元の、正気を失うようなお店に戻ってるかしらん、と見に行ってみる。。。

が、ほのかな期待をバッサリと切り捨てるように、そこにあったのは、全然変わっていない、縮小以来のしごく凡庸なお店。イギリスのメーカーRowan とフランスのメーカーPlassard の毛糸が主であるが、よく見ると、Noro 等の他のブランドも、ごくごく若干とは言え、置いてあった。
それにしても、この一角の壁沿いにしか毛糸の棚がない状況を見るにつけ、以前の壁9面に続く毛糸棚が心底惜しまれる。
d0280781_5593520.jpg


デパートフロア中央のエスカレーターで上る場合、2階(日本で言うところの3階)で降りて、右手方向に進んで行くと、そのうち右手に現れる。

Le Bon Marché
24, rue de Sévres 75007
Paris
最寄り地下鉄駅:Sèvres Babylone

ふと考えてみると、未だパリの毛糸屋さんリストをつくったことがないので、次回はパリの毛糸屋さんリストをアップしてみようと思う。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2013-11-08 06:09 | 世界の毛糸屋さん