「ほっ」と。キャンペーン

大量ストック夏糸を編み尽くすべく、常夏の街バンコクで汗だく編み物修行の日々


by bkyo

タグ:日本のもの ( 25 ) タグの人気記事

ニュース!
バンコクのリトル・トーキョーとも言えるスクンヴィット・ソイ33/1にあるセリア系100均ショップNeoに行ったら、入り口右手の床に色とりどりの毛糸袋が積み重なっているのを発見。
d0280781_0423338.jpg

おおっ、毛糸が新しく入荷したのか、と近づくと、最初に目に入ったのはこれ、ひつじちゃんナチュラル
見るからにウール100%。
d0280781_0522375.jpg

実際ウルグアイウール100%と表記してある。
興奮した不器用者、袋を一つ一つ見ると、素材も色も様々な毛糸が10玉づつ袋に入っている。
これまたウール100%のほっこりひつじちゃん
d0280781_054876.jpg

アクリルたわしに最適な感じのアクリルマーブル
d0280781_114536.jpg

ふわもこモールもこもこブークレー
d0280781_184994.jpg

なないろ彩色Newアクリル中細
d0280781_1425485.jpg

ジュート48%とコットン52%混合の雑貨ジュート
d0280781_0584211.jpg

コットン100%のコットンレース。
d0280781_1101575.jpg


値段を聞いたら、一玉それぞれ25グラムで80バーツ、約250円。もはや100均とは到底呼べない。日本から暑い国に来る間に2.5倍に膨れ上がってしまったとは、どいういうことかしら。。。

しかしこのひつじちゃんナチュラル、暑い国では見たことのない「ウルグアイウール100%」がたまらなく魅力的。しかもこげ茶色が超好みだし、「染色をしていないエコロジーなウール」なんて書いてあるし、一分間悩んだとは言え、またたく間に降参して買ってしまう。
d0280781_1393044.jpg


今度日本に行った時に買えばいいのに、とも思うのだが、日本に行くと素敵な毛糸があまりに色々とあって、わざわざセリアで毛糸買わないんですよね。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-03-04 01:16 | 世界の毛糸屋さん
Ingunn Santini さんのお店Sophie and Me 編み底付きの室内履きパタンを発見した不器用者であるが、どうもSplit Single Crochet (SSC)という編み目と相性が合わない。
ふとSophie and MeのEtsyのお店を見ると、編み底がついている履き物系が色々とあることに気付く。
その中でも目を惹かれたのがラフィアのスリッパ
ラフィアで帽子やバッグは編んだが、スリッパを編むことは考えたことがなかった。
しかし、暑い国ではラフィアのスリッパ、なんとも心地良さそうではないか。
デザイナーのIngunn Santini さん、さすがヨーロッパでは暑い国イタリアのお方です。

写真に出ている作品はどれもかわいいし、つま先の部分は普通の細編みのようだし、久しぶりに夏糸を消化できるし、このラフィアのスリッパを編んで、編み底を付けてみよう、と思う。
で、パタン購入。
編み底は先日買ったので、スリッパ本体のパタンだけ。5.72ドル。
ダウンロードして、普通の細編みであることを確認。

ラフィアはどれにしようかな、以前セールの際に毛糸Zakkaストアーズで買ったその名もラフィアが何色かあるのであるが、その中から今回はこれ、色番86にする。
d0280781_3455483.jpg


細編みのつま先部分を編んで、長編みと鎖編みの格子模様に入ったところ。使用針はサイズ3.5ミリ。
d0280781_3475755.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2016-02-19 03:52 | 靴下・スリッパ
タイシルク入りコットン糸の靴下、結局またほどいたものの、どうしたらいいか分からずそのままスランプ。
そこで、問題から逃避し、久しぶりにかぎ針編み。

パリに住んでいた頃、一時ネックレスを編むのにハマっていたのであるが、その初期、今から5年前にリネン糸で編んだ花模様のラリエットが、暑い国で大変重宝することに最近気づく。当時、首にぴったりしたチョーカー型が好みだったのだが、暑い国ではチョーカー型は首周りが暑苦しいことこの上ない。で、全く使わず。
一方ラリエットは、首周りが緩く、リネンの糸で編んであると汗も吸ってくれて、しかもそれが肌に吸い付くこともなく、爽やかな状態を維持できる。

そこで、リネン糸で編み紐ラリエットを編んでみた。以前に編んだのは花模様だから、今回はこういう小さい丸々模様をトライ。
まずアップ。
d0280781_1450784.jpg

全体像。
d0280781_14484691.jpg


使用糸は何年も前に買ったハマナカのフラックスKで、色番14。
d0280781_1581933.jpg


編み方は、これも数年前に買った本「はじめてのかぎ針編み、立体エジング&ブレード100」(朝日新聞出版)のブレード1を参照した。
編み紐の中心に向かって、丸と丸の間隔が長くなって行くように編んである。首の後ろ周りに丸々が沢山あると、うっとおしいので。
着けてみて思うのは、もっと前の段階から間隔を広げていった方がよかったかも。
うまく撮れていないが、自撮りの着画。
d0280781_1592938.jpg


実はこれでフラックスK一玉の残り糸が一つ終了。
おそらく5年ほど前から残っていたもの。
一玉終わらせたのが小さな達成感で、うれしい気分。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-11 15:15 | アクセサリー
初の模様の入った靴下(ただのガーターリブ編みだけど)を編み終わった不器用者。
次はどんな「初」靴下にしようかな、と色々と考えた末、林ことみ氏がご著書「手編み靴下研究所」で「編みやすさという点で一番のおすすめはコットン」とおっしゃっていたのを思い出し、コットン糸で編んでみることにする。
取り出したるや、以前、バンコクのThe Loom というお店で手に入れたFusilli-30という糸で、タイシルク30%、コットン70%。一玉25グラム、約140から180メートル(これまでになく幅のある表示にちょっとびっくり。。。)。
d0280781_3315341.jpg

二玉を巻いてみた。太さが不規則で、まるで手紡ぎのよう。
d0280781_339324.jpg


つま先やかかとには、在庫にあった毛糸Zakkaストアーズのワクワクコットン、色番13。コットン100%で、一玉40グラム、約101メートル。
d0280781_3403190.jpg


これをaddiの3ミリの輪針で両足同時編みし、つま先まで編んだところ。
d0280781_3422137.jpg


作り目はそれぞれの足24目で始め、左右増し目をしながら、それぞれの足48目(各足各針に24目)になるまで編んだ。
両足同時編みの際の作り目の仕方は、不器用者のこの記事をご覧下さい。
つま先の編み方は、この記事をご覧下さい。

いやあ、ワクワクコットン、棒針でも大変編みやすい!
おかげでここまで難なくできた。
次の段から糸をタイシルク入り糸にするのであるが、手にとってみると、糸の細いところがかなり細いので、針を2.5ミリサイズに替えようと思っているところ。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-07-05 03:45 | 靴下・スリッパ
数週間前に近所の紀伊国屋で購入した日本の棒針模様集。
d0280781_126086.jpg


段染めソックヤーンが映える模様について勉強した今、その視点から眺めてみる。
そうすると。。。
ふうん、ただの裏編みも多色だと面白いなあ。
d0280781_128158.jpg

表編みと裏編みの組み合わせるだけでも、変化に富んだ凹凸ができる。こういうテクスチャーは段染め糸に合いそう。
d0280781_1291679.jpg

これもただの表編みと裏編みの組み合わせだが、凹凸のあるギザギザ模様。
d0280781_1304139.jpg

すべり目の模様!一方の糸を段染めにすると面白そう。
d0280781_1313978.jpg

段染め糸はレース編みに合わないらしいが、こういうシンプルなギザギザ模様(矢の模様)なら行けそうな感じ。
d0280781_13337.jpg


という訳で、視点が変わると見えるものが変わる、ということを確認した次第。

ところでの本、グーグルブックスで中身が一部見られる。ここ
どういう訳か裏表紙から始まるけど。。。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-06-17 01:37 | 編み本
未だに一玉目の毛糸で靴下を編んでいるにもかかわらず、既に5冊も靴下編みの本を所有しているにもかかわらず、またしても靴下編みの本を買ってしまった。
これです。
d0280781_23495381.jpg


近所に最近できた紀伊国屋書店で購入。
別に新刊でもなんでもない、2012年発行の本。
掲載されている靴下全てはき口から編むタイプ、しかも、不器用者が何度やってもうまくいかないショートロウかかと。
にもかかわらずつい買ってしまったのは、表紙にも出ているこの靴下に大変惹かれたから。
d0280781_23513878.jpg


最近学んだフリーグルかかとなら、ヒールフラップも無いし、つま先から編んでも似たようなものがてきるのではないかな、と希望的観測。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-04-30 23:52 | 編み本
すぐ近所に大きなモールがオープン。
プロンポンというBTS駅のすぐ横で、不器用者が暑い国に来て以来ずっと建設中であった敷地なのだが、こんなに大きなモールになるとは、びっくり。
早速行ってみたところ、日本の書籍が沢山置いてある紀伊国屋があることを発見。
その手芸本棚の編み物本コレクションが豊富で、まるで日本の本屋のよう。
この棚の、真ん中の棚四段と、右側の中二段、全部編み物。
d0280781_13241568.jpg


「毛糸だま」も「ニットマルシェ」も「手編み大好き!」もある。
d0280781_13251640.jpg


michiyoさんや風工房さんなど、日本の人気アーティストさんたちの本も色々。
d0280781_13263931.jpg


しかも本がビニールに包まれていないので、自由に中が見られる。
怖いですねえ。散財しますねえ。。。

BTSプロンポン駅のすぐ横にできたEmQuartier(駅の南側、Bearing 方面に向いて右手が以前からあるエンポリアムデパート。駅の北側、Bearing 方面に向いて左手が新しくできたEmQuartier)の、建物に向かって左手の方、プラダやシャネルのある入り口ではなくて、右手、ユニクロやZaraがある側の入り口から入る the Glass Quartier という名前のついた建物の3階に、この紀伊国屋はある。

Kinokuniya Thailand
Sukhumvit Store
3rd Floor Unit 3B 01 EmQuartier Shopping Complex
689 Sukhumvit Road,
Klongton Nua, Wattana,
Bangkok 10110
Tel: +662 003 6507
開店時間:毎日10am から10pm


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-03-29 13:32 | その他耳寄り情報
先日日本から購入した編み物本に掲載されているものには一つも手につけていないにもかかわらず、また4冊も編み物本を買ってしまう。
しかも全て、棒針編みの靴下編み本。

そもそものきっかけは、毛糸だまの最新号、靴下編み特集。
d0280781_0433274.jpg

棒針編みは超苦手なのだが、靴下と聞くとムズムズ。
細いソックヤーンを使って棒針で編む薄地の靴下は、永遠のあこがれ。
しかも毛糸だまの特集とくれば、どうしても中を見たい。
が、東京にいないと立ち読みもできないのである。。。
そこで、ネットで注文することに。

めでたく到着し、中を見ると。。。
まかフシギ、英語と日本語で編み方が並記されている。
さらに、御丁寧に「英文パタ−ン解読表」までついている。
d0280781_046145.jpg

え?どうして日本語だけで書かないの?
この意図は何だろう?
自分で英語のパタンを読めるようになって、英語の本やサイトから靴下編みを独学しなさい、ということ?

掲載されているのは、あのヒール、このトウ、上から編む、下から編む、あの作り目、この作り目。。。
d0280781_0472944.jpg

もう、初心者の不器用者には何がなんだか分からず。
どこから始めたらいいの?と途方にくれる感じ。
さすが毛糸だま、初心者で不器用者のことは全く頭に入れておりませぬな。

ま、こんなことだろうと予想して、初心者用の本も一緒に注文。
d0280781_0485265.jpg

本のレヴューに、初心者でもできた、と書き込みがあったので、これにしてみた。
なるほど、一般的な作り目の仕方から写真つきで説明がある。
d0280781_050379.jpg

ありがたやあ、と思ったのは一瞬。
この本の作品は全て、「くつした針」を使っているのである。
「くつした針」というのは、靴下編み用の短い針のことをさすらしく、長さ14.5センチ。
早速、自分の持っている5本針棒針を見てみたが、長さ20センチ。。。
暑い国には「くつした針」売ってないだろうな、売っていたとしても、バカ高いだろうな、とがっかり。

で、次の本を開いてみる。
d0280781_051814.jpg

この本は普通の棒針使用らしい。ほっとする。
だが、ページをめくると、こんな写真が次から次へ。
d0280781_0533617.jpg

細い棒が何本も交差している姿というのは、棒針編み苦手の不器用者には複雑怪奇、恐ろしくてたまらない。
ひえぇぇぇと思いながら、あわてて本を閉じる。

最後の頼みの綱は、これ。棒針二本で編む靴下!
d0280781_0541780.jpg

なんと、平編みの編み地を二枚編んで、はぐだけ。
d0280781_151553.jpg

これなら、初心者の不器用者でもできる!と思ったが、よく考えてみると、この編み方では、いつまでたっても毛糸だまに掲載されている靴下ができるようにならないではないか。。。

毛糸だまには、輪ばりは靴下編みの「つよ〜い味方」と書いてあり、様々な針で靴下編みができると紹介されている。
d0280781_155716.jpg

この中では、「80cmの輪針1本で編む」というのがシンプルそうで、それでやってみたいと思う不器用者。
「80cmの輪針1本で編む初めての靴下」という本、誰か出版して下さらないかなあ。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-02-18 01:12 | 靴下・スリッパ

日本の編み物本が到着。

富士山麓のyasueさんのブログを拝見して、即注文した編み教則本が到着。
michiyoさん2013年「さらりと涼しいニットのふだん着」、文化出版局。
Yasueさんの写真を見て、これは絶対編みたい、と即決、アマゾンから即注文、三日で到着。本体1300円、送料1200円。
d0280781_2192247.jpg


Yasueさんも掲載なさっていたこの長編みのプルオーバー、尋常ではないですよ。
絶対編みたい。
d0280781_226331.jpg

d0280781_227276.jpg

この二種類のかぎ針編み模様のゆったりカーディガンも編みたい。
d0280781_2254599.jpg

表紙のプルも素敵だし、

他にも、こういうざくっとしたの、暑い国にはぴったり。(赤はちょっと暑っくるしいかも。)
d0280781_2281088.jpg




クリックお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ

にほんブログ村



編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2015-01-21 02:35 | 編み本

新宿の毛糸屋さん

年末年始の休みで、東京の実家に帰省。
もちろん、毛糸屋さんを訪れる。
という訳で今年最後の記事は、新宿南口のユザワヤ。
不器用者が子供の頃は、新宿南口はさびれた界隈だったのだが、再開発された今は、タイムズスクエアとかサザンテラスという名のついたモールが続いて、見違えるよう。
そのタイムズスクエアには高島屋があるが、その並びの11階には、かのユザワヤが入っている。
d0280781_23224115.jpg

d0280781_23243750.jpg

まず目に入るのは、妖怪ウォッチのフリース布。日本に来たんだわあ、と実感。
d0280781_2322816.jpg


毛糸は年末のセール中、といっても今日で終わりだけど。
d0280781_23234976.jpg

特に大幅に安いといった感じではなかったが、ヨーロッパでは異様に高価なノロの毛糸がギュウギュウに詰まっている棚に目が行く。
d0280781_23261863.jpg

d0280781_23344625.jpg

d0280781_23352198.jpg


パリでいつも全く手が出なかったものだがら、つい買ってしまった。
くれおぱとらの色番1009で、二玉だけ残っていたもの。
d0280781_23325168.jpg

置いておくだけで飾りになるようなきれいな糸だけど、どうやって使うのがいいかな。
二玉しかないし。

という訳で、あと15分で年が変わりますが、皆様、良いお年をお迎え下さい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

編み物 ブログランキングへ
[PR]
by bkyo | 2014-12-31 23:45 | 世界の毛糸屋さん